1月 2014

世界一かんたんなデジカメのしくみ13~劇薬「磯」の怖い副作用(ISO感度)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ12からのつづき

 

Y>特効薬「磯」の怖〜い副作用ってのがすごく気になるんだよね

F>まあ、どんな特効薬にも少なからず副作用はあるもんだよ

Y>その副作用のことなんだけど、いったいどんな・・・

F>ヤマトは、前回のデジ亀くんに磯薬を飲ませているイラストを見て何か気づかなかった?

Y>う~ん、どれどれ

F>どう?

Y>デジ亀くんが嬉しそうに磯薬を飲んでる

F>それだけ?

Y>そうだよ

F>それじゃー、折角描いてもらったイラストレーターさんに申し訳ない。もう一度よく見てよ!

Y>やっぱりわからないなぁ

F>卵の中の写真をよく見てよ!ほら

Y>う~ん、ゴミがいっぱいついてるね

F>そのゴミみたいに見えるのは、ノイズっていうやつだ。デジ亀くんが薬でお腹を壊してるんだよ

Y>ノイズ?

F>このノイズってヤツが、まさに磯薬の怖~い副作用なんだよ。強い磯薬を使えば使うほど、副作用も強くなるんだ

iso1

イラスト提供:tacakoさん

Y>そうだったのか・・・

F>だから、安易に磯3200や磯6400を使っちゃうとノイズだらけの卵になっちゃうんだ。だから薬を使わずに済むのなら、できるだけ使わない方がいい

Y>ふむふむ

F>夜景みたいに相手がじっとしているものを撮るときには、たとえデジ亀くんがエサを食べるのに時間がかかったとしても、磯薬を使わずに三脚を立ててブレを防いだ方がキレイな卵になる

Y>でも、子どもはじっとしてないから、デジ亀くんにエサをゆっくり食べさすわけにはいかないね

F>そうなんだ。子どもを暗い場所でブラさずに撮ろうと思ったら、どうしてもこの磯薬に頼るしかない。寝ているシーンなら磯薬なんか使わずに三脚でOKなんだけどね

Y>でも、どのくらいの強さの磯薬を飲ませればいいんだろう?

F>それが難しいんだ。必要以上に強い磯薬は副作用が増すだけだろ。だからボクは一度試し撮りして、デジ亀くんの食事時間が1/125秒になるような磯薬を飲ませるようにしているよ。これでほとんどのブレは止めることができるから

Y>食事時間が1/125秒になるようにか。例えばなんだけど、磯800ならどのくらいのノイズがでるもんなの?

F>昔はね、磯800を使うとノイズだらけでとても見れたもんじゃなかった。でも最近のデジ亀くんは優秀だから磯800でもそれほどノイズは気にならないと思うよ。あとデジ亀くんの品種によって体力もずいぶん違うから

Y>デジ亀くんの体力によっても、ノイズの出方がちがうの?

F>体力のあるデジ亀くんなら、磯6400を飲ませても平気だよ。でも、そんなデジ亀くんはとても高価だけどね

Y>くぅ、この世界もカネ次第ってことか、トホホ・・・

CANON EOS7DによるISO感度の実験

[ほとんどノイズがない]

[少しノイズがでてきたが許容範囲]

[かなりノイズが目立ってきた]

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ14へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第22話~お誕生日のストロボにイエローカードを~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第21話からのつづき

 

F>おっ、今日はもしかしてお誕生日?

Y>1年に1回の記念日だから、ちゃんと撮らなくっちゃと思ってね

F>でも、ヤマト!もしかして、このマンガみたいになってるんじゃない?

kokonara_flash300イラスト提供:のみやんたさん

Y>うわっ、痛いところを突かれた!

F>やっぱり。折角の楽しい雰囲気を、ストロボの光で壊しちゃったら子どもたちがかわいそうだよ

Y>しょぼん

F>それに出来上がった写真だって、ストロボの光のせいでロウソクの灯りがかき消されちゃってるよ

Y>でも、俺のカメラは暗いところだと勝手にストロボがピカッと光っちゃうんだよ

F>だったら、このボタンを押せばいいんだよ。これはストロボ発光禁止ボタンと言って、暗いところでもストロボが光らない

noflash

Y>でも、ストロボ光らせなかったら、ものすごく遅いシャッタースピードになって、またブレブレ写真になっちゃうんじゃないの?

F>だから、そんな時はISO感度をウンと上げちゃえばいいんだよ。そうだなISO3200、それでダメだったらISO6400くらいまで上げちゃおう。そうすれば、ムードを活かした写真が撮れるよ(ISO感度の説明はコチラをご参照)

Y>禁断の磯(いそ)薬を使うんだね

F>この時は、惜しみなく使っちゃえ。とにかく、オシャレなカフェとか暗くて雰囲気のある場所ではストロボは絶対NG。撮られてる人も撮った写真も白けちゃうから

Y>気をつけよっと

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第23話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ12〜禁断の薬でパワーアップ(ISO感度)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ11からのつづき

 

Y>ねぇ、ねぇ、フクロウちゃん、暗い場所でもブレたり、ボケたりせずに撮れる方法、早く教えてよ〜

F>フクロウちゃんだって?気持ち悪〜い

Y>じゃー早く教えてくれよ!

F>ヤマトがそうまで言うならしかたがない。禁断の薬のこと教えよう!

Y>禁断の薬?

F>デジ亀くんをパワーアップさせる禁断の薬「磯(いそ)」だよ

Y>磯?イソジンじゃないよね?

F>ちがう。磯だ!この磯という薬はだな、エサをあまり食べなくてもデジ亀くんが働ける魔法の薬なんだ

Y>もっとわかりやすく言ってよ

F>つまりこういうことだよ。暗い場所だと、エサである光の玉が少ないから、デジ亀くんがお腹いっぱいになるまでには時間がかかるよね。これがブレの原因だった。そして、口もできるだけ大きく開けなきゃなかなかエサが食べられない。これはボケの原因になっていた

Y>確かそうだったね

F>もし、この魔法の薬「磯」を使うことで、エサの量が半分で済むとしたらどうなると思う?

Y>食べる時間は速くなるし、口もそれほど大きく開けなくていい・・・

F>そのとおり。ボケにくく、ブレにくくなるってことだよ

iso2-400

 

イラスト提供:tacakoさん

Y>へぇ〜。そんな便利な薬があるんだ

F>これで驚いちゃいけないよ。一番効果の弱い「磯200」だと必要なエサの量は半分に減るだけなんだけど、「磯400」なら1/4、「磯800」なら1/8、「磯1600」ならたった1/16のエサで済んじゃうんだ。カメラの世界でISO感度と呼ばれているヤツさ

Y>げぇー、そんな少ししかエサを食べなくて大丈夫なの?

F>さらに、さらに、最近は「磯3200」「磯6400」「磯12800」・・・なんてすっごく強い薬も発明されている。だから、普通だったらブレちゃったり、ボケちゃったりする写真が、この薬を使うことでちゃんと撮れちゃうんだ

[基準感度(ISO100)だとブレるけど・・・]

[ISO1600だとブレない]

Y>こんな便利な薬があるのなら、もっと早く教えてくれればいいのに。ケチ!

F>ところがね、この禁断の薬には、怖〜い、怖〜い副作用があるんだ。だからヤマトには教えたくなかったの!

Y>怖い副作用だって?

F>フフフ。そう怖〜い副作用が

世界一かんたんなデジカメのしくみ13へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ11〜エサの食べ方のおさらい(シャッタースピードと絞り)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ10からのつづき

 

F>これまでのところで、いろいろと混乱しちゃったかもしれないので、ちょっとデジ亀くんのエサの食べ方をおさらいしてみよう!

Y>混乱しまくりだよ〜

F>まずはこれを見て!

osarai2

Y>明るい場所は、ブレにくいしボケにくい。反対に暗い場所は、ブレやすいしボケやすいってことか・・・

F>そういうことだよ。カンタンだろ!ブレにもボケにも注意が必要なのは、つまり暗い場所で撮るときなんだよ

Y>でもさ、俺って子どもを夕方撮ったり、室内で撮ったりするのが好きなんだよな。そもそも赤ちゃんなんて外で撮ることできないし・・・

F>じゃーしょうがない。奥の手を使うか・・・

Y>奥の手???

F>ヤマトにはあんまり教えたくないんだけどね

Y>そう言われると、ますます聞きたくなる

F>う~ん、どうしようかなぁ~

Y>もったいぶるなよ・・・

F>ちょっと考えとくよ

Y>お〜い!教えてくれよ〜

世界一かんたんなデジカメのしくみ12へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第21話~頼れるものには寄りかかれ~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第20話からのつづき

 

Y>せっかく子どもにじっとしてもらってたのに、また手ブレだよ、クソっ!

F>ヤマト!手ブレの原因って何だか知ってる?

Y>シャッタースピードが遅くなるのが原因だろ、前に教えてもらった(世界一かんたんなデジカメのしくみ7〜暗くなるとグズグズ〜ご参照)

F>そう、標準的なレンズをつけた場合、1/60秒くらいのシャッタースピードがブラさずに撮れる限界なんだよ。暗いところだともっともっとシャッタースピードが遅くなるから気をつけなくっちゃ

Y>でも、この写真1/60秒で撮ったんだよ、なのにこんなにブレブレ

F>実は望遠レンズをつけると1/60秒以上でもブレちゃうことがあるんだよ。だから暗い場所で望遠レンズは使いづらいんだ

Y>そうだったのか。そういえばこれ望遠レンズで撮ったんだ

F>レンズにはそれぞれ焦点距離っていうのがあるんだけど、焦点距離分の1が手ブレしない限界速度だと覚えておくといいよ

Y>焦点距離なんて、いきなり言われてもなんのことかわかんないよ

F>それは知らなくても大丈夫。レンズにはちゃんと何ミリって表示が大きく書いてあるから。それが焦点距離

10501010014

Y>たとえばヤマトが使ったこのレンズだと135mmだから、1/135秒以下だとブレる可能性があるってことだよ。もちろん、最近は手ブレ補正機能がついたカメラやレンズが増えてきたから、うまくいけばそれより多少遅いシャッタースピードでもブラさずに撮れることはあるけどね

Y>でも、いくら手ブレ補正が優秀だからって限界はあるよね

F>もちろん

Y>そんな時、お前はいつもどうしてんの?

F>三脚を立てて撮ってるよ

Y>でも、あれって重いし邪魔になるから嫌いなんだよね

F>どうしても三脚を持ちたくないんだね

Y>できれば・・・

F>だったら、頼れるものに寄りかかって撮るといいよ。壁や木にもたれかかったり、机の上に肘をついたり、とにかく支えがあればなんでも利用しちゃおう。かなり手ブレは抑えられるよ。この際、行儀の悪さなんて気にしなくていいからさ

img607w img590w

イラスト提供:にらづかかずこさん

F>壁に寄りかかって撮ったらこんな風にブレない

Y>でも寄りかかれるものが何もなかったらどうすんの?

F>液晶を見ながら撮るコンパクトデジカメやミラーレス一眼だったら、ストラップを首にかけてピーンと張った状態で撮るといいよ。ずいぶん安定するから一度ヤマトもやってみな

img604wY>うわー、俺のストラップ短すぎて首にかけられないよ~。すぐに買いにいかなくっちゃ

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第22話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西子どもが撮れるカフェ1】ことばのはおと(京都市上京区)

しんしんと降る雪の中、風情ある町家の店内では、ゆったりとした温か〜い時間が流れています。そんなステキなカフェ「ことばのはおと」。店内には猫の写真や絵がたくさん飾られているので、きっと猫好きなオーナーなのでしょう。

絵本やおもちゃもたくさんあるので、子どもも退屈しません。文庫本でも持ってひとりでのんびりくつろぎたい気もしますねぇ・・・

アイスクリームを添えたすっごく大きなシフォンケーキがおススメですよ。

 

「ことばのはおと」(京都市上京区)

JR京都駅から市バス50系統で堀川下長者町下車すぐ(京都駅から所要約20分)
阪急四条烏丸駅から市バス12系統で堀川下長者町下車すぐ(京都駅から所要約15分)
 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西の子ども撮影地案内6】叡電元田中駅(京都市左京区)

京阪の終点出町柳駅で、鞍馬方面へ向かうローカル電車「叡電」に乗り換えて1つ目の無人駅。そこが、ここ元田中駅です。近くに観光名所もなく、地元の人以外利用客はほとんどいません。

その汚れのなさこそがこの駅最大の魅力であり、またこの駅特有のノスタルジックな匂いを醸し出しているような気がするのです。とりわけ夕日が沈んだあとの雰囲気は最高です。

そうそう、この駅の裏手には、おいしいたこ焼き屋さん「たこなぐり」があります。夕暮れ時、ホクホクのたこ焼きを片手に、元田中駅へ行ってみてください。都会の喧噪を離れ、タイムスリップしたような感覚に浸れること間違いなしです。(トイレはありませんので、あらかじめ出町柳駅のトイレを利用されることをおススメします)

暗くなってから、この駅の周りをカメラとたこ焼きを持って彷徨いている不審者がいても通報しないでください。それは、おそらく私です。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第20話〜白い空を撮ってはいけない〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第19話からのつづき

 

F>ヤマト、今日は機嫌悪そうだねぇ

Y>だってさ、いつも写真撮るぞって日に限って、スカッと晴れてくれないんだもん

F>お天気だけはどうにもならないからね。でも曇りの日は、ピーカンの日と違って顔に変な影が出ないから、むしろ子ども写真を撮りやすいよ

Y>屁理屈言うなよ!いくら顔に影が出ないったって、白い空じゃ写真がキレイに見えないよ

F>そのとおり。写真が良くないのはお天気のせいじゃない。白い空のせいだよ。

Y>だから、同じことでしょ!

F>いいや、違うね。「白い空は親の仇と思え!」ってナカイ神も言っている

Y>ナカイ神?誰それ?

F>ギリシャにいる写神(シャシン)の一人だ。またいつか紹介するよ

Y>で、なんで白い空が親の仇なの?

F>ボクも知らない

Y>何だ、お前も知らないのかよ

F>ただ、白い曇り空が写真の中に入ってしまうと、写真が台無しになるんだ。子ども写真だけじゃないぞ。風景写真にも言えることだからヤマトも良〜く覚えておいた方がいいよ

Y>だから、何度も言うように、天気が悪いから写真が良くないんでしょ

F>そんなことはひとことも言ってない。曇りの日は空を写すな!と言ってるんだよ。

Y>だったら、空を入れなければ、曇りの日でもキレイな写真が撮れるってこと?

F>正解!だから、この写真は空をこうしてカットして撮ればいい

Y>はぁ~、写真の世界も奥が深いわ

F>いいかい、「白い空は親の仇」だぞ!

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第21話につづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

     

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第19話~日の丸構図の呪縛~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第18話からのつづき

 

F>この写真、見てるだけで凍えそうになるね、寒い!って感じが良く出てるよ

Y>京都の冬はすっごく寒いんだよ

F>雰囲気は確かに良く伝わるんだけど、ヤマトの写真って日本の国旗と一緒なんだね

Y>えっ何それ?

F>撮りたいものが、写真のど真ん中にある日の丸構図ってことさ

Y>言われてみれば、顔の位置が日の丸のところにある

F>だろ、別に日の丸構図が悪いっていうわけじゃないんだけど、撮りたいものを真ん中に置かない構図も覚えておいた方がいいよ

Y>撮りたいものを真ん中に置かない構図?

F>たとえば上のような写真はね、日の丸構図にするとちょっとバランスが悪い。だからこうやって、子どもの顔を右ナナメ上にもってきてやると、バランスが良くなるよ

Y>確かに、バランスが良くなったような気がするね

F>言葉で説明するとカンタンなんだけど、ピントを合わせる位置が常に真ん中にあるカメラだと、なかなか日の丸構図の呪縛から抜け出せないんだ。普通、カメラってピントを合わせるボタンとシャッターボタンが一緒だろ。そこに落とし穴がある。

Y>ピントを合わせたら、そのまま一気にシャッターボタンを押しちゃうんじゃないの?

F>そうじゃなくて、シャッターボタンを軽く押してピント合わせをしたら、そのあと上下左右にカメラをスライドさせて、いちばんいい構図を見つけてからシャッターを押すんだよ

yajirushi2

Y>シャッターボタンを軽く押しながら、カメラをスライドさせる、か・・・

F>カメラをいろんな方向にスライドさせた結果、ヤマトがやっぱりど真ん中が一番いいと思ったら、その時は堂々と日の丸構図で撮ったらいいんだよ

Y>わかった。これからは構図も考えながら写真撮ってみるよ

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第20話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第18話〜健康的な肌に変えるコツ〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第17話のつづき

 

F>ヤマトの子どもってすっごい元気なのに、写真に撮るとあまり元気そうに見えないよな

Y>そうかなあ?俺にはよくわかんないけど

F>なんか顔が青白くってひ弱そうに見えるんだよな

Y>確かに言われてみれば、そうかもしれないね

12cclgif400

イラスト提供:なによしさん

F>ヤマトはホワイトバランスって知ってる?

Y>聞いたことはあるけど、自分で設定とか触ったことはないな

F>なら、ホワイトバランスはAUTOまたはAWB(オートホワイトバランス)になっているはずだから、ちょっとホワイトバランスを「くもりモード」にしてみなよ

Y>今日はくもりじゃないよ、お日様ピーカンだろ

F>いいから、いいから。騙されたと思ってやってみな

Y>わかったよ。で、どうやってやるの?

F>カンタンだよ。WB(ホワイトバランス)って書いてあるところを触って、雲のマークに合わせればいい。たったそれだけだよ

020-9wbのコピー

Y>これをくもりマークにするだけでほんとうに子どもを健康的に撮れるの?

F>ああそうだよ。これで撮ってみて!

Y>パシャ、パシャ

Y>ほんとだ、肌色になった!

F>だろ

Y>でもさー、なぜホワイトバランズを「くもりモード」にすれば子どもが健康的に写るの?

F>ホワイトバランスを「くもりモード」にすると、写真全体が淡いオレンジ色になるんだ。だから結果的に子どもが健康的になったように錯覚するんだよ

Y>なるほど。なるほど。でも、「くもりモード」でなぜオレンジ色になるのかがよくわからないよ

F>それはまた今度教えてやるよ。とにかく今は、ちょっと顔が青白いかなって思ったら、ホワイトバランスを「くもりモード」に変えるだけで、肌がキレイに写るってことだけ覚えておけばいいよ。実はこの「くもりモード」、子どもの肌を健康的にする以外に、いろんなところで活躍するんだよ

Y>そうなんだ。全然知らなかった

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第19話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》