1月 2014

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第17話〜赤ちゃんをパンパースモデルのように〜

パンパースメリーズ

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第16話からのつづき

 

F>ヤマト、Happy New Year!

Y>ハッピーニューイヤーってお前!今頃何だよ。いったい年末年始どこに行ってたんだよぉ

F>里帰りしたり、初詣したりね。けっこう急がしかったんだ。それより日本のおむつが中国でバカ売れしてるそうじゃん

Y>うん。特にメリーズが人気で、日本でも売り切ればっかりだよ

F>やっぱり日本のおむつは材質がいいんだね。ところで、パンパースやメリーズのモデルになってる赤ちゃんって、すっごく明るく撮れてると思わない?

Y>あれはスタジオでたくさんの光をいろんな角度から当てて撮っているからだよ

F>確かにそうかもしれない。でも、あれと似たようなこと、実は結構カンタンにできるんだぞ

Y>ほんとにそんなことできるの?

F>できる。赤ちゃんを明るく撮ろうと思ったら、まずは明るい場所(室内なら窓際)に連れて行くんだ。ここまではわかるだろ

Y>そこまではわかる

F>じゃーまず、これで撮ってみて

Y>パシャ、パシャ、パシャ・・・

F>どう?

Y>うわー何じゃこりゃ、写真が真っ暗じゃないか!しかも洗濯物まで写っちゃったし。おい、騙したなー

F>ハハハ、悪い、悪い。そうやって撮ると、普通はヤマトみたいに真っ暗な写真ができるんだ

Y>でも、なぜだろう。明るいところで撮っているのに

F>光が差し込んでいる窓際のレースのカーテンってのはすごく明るいだろ。だから、カメラが「こりゃ明るすぎるから暗く写してあげなきゃー」って思っちゃうわけ。つまり、できるだけ暗い写真になるようにカメラが勝手に調整するんだ。そこに赤ちゃんを連れて来たらどうなる?

Y>赤ちゃんの顔も暗くなる

F>そういうこと

Y>じゃーどうすればいいんだよ

F>ヤマトのカメラにこんなプラス、マイナスって描かれたマークがあるだろ

5f63f49b6b7d98988e1002a4a4f

Y>あるある

F>これ、露出補正っていうんだ。このマークを押して、数字をプラス側に大きくするとどんどん写真は明るくなる。カメラの液晶モニターを見ながらプラスの数値を大きくしていくと、画面がどんどん明るくなるのがわかるよ。今回は目一杯明るくしてみよう!(詳しくは「世界一カンタンなデジカメのしくみ4〜メタボのすすめ?(露出補正プラス)」をご参照)

Y>うわーほんとだ!写真が明るくなった

F>要するにレースのカーテンをバックに液晶モニターを見ながら、ちょっとやりすぎかなってくらいの明るさでシャッターを押せばいいんだよ。天井に向けてストロボを光らすともっといいよ。これで自家製パンパース写真の出来上がり〜

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第18話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

     

 

【関西の子ども撮影地案内5】新世界(大阪市浪速区)

20140104-4Z8A7755

関西の方はご存知のとおり、子ども撮影地と言えるようなところではありません。

しかし、最近の新世界は、他府県や海外からの観光客が大勢押し寄せ、急速に整備が進みました。

ふだんお花畑のようなキレイでシンプルな背景ばかりで撮っていると、たまにはこういうディープな雰囲気の場所で写真を撮りたくなってくるのです。もともとディープアジアが大好きだったせいかもしれませんが・・・。

さて、新世界と言えば、通天閣、ビリケンさん、串カツですね。いつも長蛇の列ができる有名串かつ店「だるま」の前を通り過ぎ、お隣の香ばしい匂いに引き寄せられて暖簾をくぐると、「へい、いらっしゃい!」の威勢のいい声。やっぱり大阪はこうでなくっちゃ。そうそう、ソースの二度漬けは禁止ですよ!

新世界へは、大阪市営地下鉄御堂筋線、堺筋線動物園前駅から徒歩約10分です。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

  •  

 

《フクロウ便り》悠久の風フォトコンテスト大賞

悠久の風フォトコンテスト大賞

「ありがとう、会いに来てくれて」

 

新年早々、嬉しいお知らせをいただきました。

ちょっとヤラセっぽくなってスミマセン。叡電を舞台に”京都と岩手の絆を深める”というコンテストの主旨を思い浮かべながら撮ったら自然にこうなりました。

鉄ちゃんではないので、どの程度絞れば電車がそれとわかるぐらいキレイにボケてくれるのか、調整がやや難しかったです。決して線路に飛び降りて撮ったのではありません。誓います。

撮影場所は叡電二ノ瀬駅です。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

     

 

《フクロウ便り》謹賀新年2014元旦

新年あけましておめでとうございます。

今年が皆様にとって良い年でありますように!