子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第51話~運動会の撮り方(カメラの設定編)~

CANON EOS7D EF70-300mmL IS USM f11 1/500 ISO250

 

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第50話からのつづき

 

F>さてと、N子ちゃんへのレクチャーが終わったから、次はヤマトへのレクチャーを始めるよ

Y>やっぱり俺もやらなきゃいけないことがあるのか~

F>当たり前だよ。まあ、N子ちゃんが7つのお約束を守ってくれれば、もう70%は成功だけどね

Y>あとの30%は俺しだいってことだね

F>まっ、そういうことになるかな

Y>で、何をどうすればいいのさ?

F>うん、運動会は、シャッタースピード優先モードを使うよ!

Y>シャッタースピード優先モードっと

F>運動会は動いている子どもを撮るわけだから、ブレに注意をしないといけない。だから最低でもシャッタースピードは1/250秒。できれば1/500秒に設定してみよう

Y>シャッタースピードは1/500秒に設定して・・・

F>ここからは、当日の天候によって大きく変わるんだけど、カメラの絞り値はいくつになってる?シャッタースピード優先モードだと、カメラが自動的に絞り値を算出してくれるはずだよね

Y>絞り値はf8になってるよ

F>f8かぁ?まあそれでもいいんだけど、ISOを200に上げてみようか。すると絞り値がf11にならないかい?

Y>なった。なった。f11になったよ。ISO感度を上げていくと、絞り値もどんどん大きくなっていくんだね

F>その通り。シャッタースピードを1/500秒、絞り値がf11になるようにISO感度を調整するんだ。当日が曇天だとISO感度はもっと上げなきゃならないときもある

Y>シャッタースピードを1/500秒にするのはわかったけど、なぜf11にしないといけないの?

F>ピントを外さないようにするためさ。絞り値をf11以上にするとかなり広範囲にピントが合うからピンボケのリスクが少なくなる。フクロウ学校の運動会なら何度でも走ることができるけど、本番の運動会は一発勝負だからミスは許されないだろ

Y>よし、これで準備万端ってわけか。いつ本番になっても大丈夫だ!

F>ちょ、ちょっと待って!まだピント合わせの方法について何も話してないよ~

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第52話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》