子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第10話~写真を変える奇跡の光~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第9話からにつづき

 

F>ヤマト!ヤマト!

Y>何だよ、そんな大声出して!

F>ちょっと聞いてよ!この前、ブルース神のことをここで話したろ、そしたらさぁ、親子の日のスタッフの人たちがすっごく喜んでくれて、親子の日ニュースで紹介してくれたんだよ

Y>へぇ〜ホントかよ

F>やっぱり神はちゃんとボクたちを見てくれてるんだよ。ありがたい、ありがたい

Y>信じられないような話だね、でもすっごく嬉しいよ

F>で、今日はたしか逆光の話の続きだったよね

Y>そうそう、逆光だと子どもの顔が影になって真っ暗になっちゃうって話だよ

F>上の写真も、子どもの顔は真っ暗だ

Y>だろ、だからやっぱり逆光で子どもを撮るのはダメなんだって。いい加減自分の間違いを認めたら?

F>では、今からボクがこの写真に魔法をかけて子どもの顔を明るくしてあげよう!

Y>そんな子どもダマシの手品にひっかからないよ

F>ア・ブラ・カタ・ブラ・・・・えぃ!!!

Y>うわぁ〜・・・ホントに明るくなった!!!

F>どんなもんだい!

Y>教えて!教えて!タネを教えて!

F>なあに、カンタンなことさ。ストロボを使ったんだよ

Y>ストロボ?何それ?

F>ストロボ知らないの?じゃあフラッシュは?

Y>昔そんな芸能雑誌があったよね?

F>ち・が・う・よ。ストロボとかフラッシュってのはね、カメラの上でピカッと光るヤツだよ。こんなの見たことない?

200px-Nikon-sb-600-front

wikipedia画像

Y>あーこれなら知ってるよ。これのことをストロボって言うのか、それは知らなかったなぁ

F>今度からストロボって言ったらこれのことだからね。これはカメラの外につけるストロボだけど、カメラ内蔵のストロボもあるよ

Y>でも、これって暗いところで使うもんなんじゃないの?

F>いや、決してそうとは限らないよ。日中でも影になって暗くなっちゃう部分を明るくするためにストロボを使うことはよくあるね

Y>へえ〜そんな使い方できるんだ。でも、どうやって昼間ストロボを光らせたらいいの?

F>それはカンタン。先にストロボのスイッチをオンにして、このイナズマボタンを押せばいい。内蔵ストロボならスイッチもないから、このボタンを押すだけさ

strobemarkY>このイナズマボタンを押すと、ストロボから光が出るわけか・・・

F>そう、これを使えば逆光なんて全然恐くないから、どんどん逆光で子どもを撮るといいよ。だって、逆光は、顔が暗くなることを除いてはいいことずくめなんだから

Y>これからは逆光で子ども写真!だね

strob-1

イラスト提供:wakotozakkaさん

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第11話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》