子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第63話~子どもは背中でものを言う~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第62話からのつづき

 

Y>ウチの子はほんと親泣かせだよ~

F>また、ヤマトの文句がはじまった!

Y>だってさ、写真を撮ろうと思ってカメラを向けると、プイと横を向いちゃんだぜ。かわいくないだろ!

F>子どもなんてそんなもんだよ。ヤマトが子どもの頃はどんなに聞き分けの良い子どもだったのか見てみたいよ

Y>とにかく、これじゃー写真なんか撮ってられない。や~めた

F>ヤマトは、そうやってすぐに諦める子どもだったんだろうな、ハハハ

Y>ウルサイ!

F>まあ、とにかくここは、全然こっちを向いてくれない子どもの撮り方を考えてみようよ

Y>そんなのマトモな写真になるはずなんかないよ

F>いやいや、必ずしもそうとは言えないよ。それどころか顔が見えない分、印象的な写真を作りやすい

Y>どうも信用できないな

F>子どもの顔が写っちゃうと、写真の印象はどうしてもその表情に引っ張られちゃうけど、顔が写ってないとより見る人の想像力を掻き立てられる感じがしない?

Y>想像力ねぇ~

F>・・・

Y>やっぱりわかんないな

F>ヤマトに言っても無駄だったか・・・トホホ

Y>でも、後ろ姿もなんとなく絵になるってことだけはわかったよ

F>なら、いいんだけど

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第64話へつづく