子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第24話~カードエラーの予防策~

DSC_0887

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第23話からのつづき

 

Y>ねぇねぇ、カメラの液晶画面に「再生できない画像です」って表示が出てるんだけど・・・

F>・・・

Y>黙ってないで何とか言ってよ!

F>ご愁傷様。たぶんその画像データは消えちゃったね

Y>オイ!オイ!消えちゃったねって、そんなカンタンに言うなよ

F>ボクに言われても、もうどうしようもないよ。それよりなぜこうなったのか思い当たるフシはないの?

Y>カードリーダーを使ってパソコンに画像データを取り込んでいる時に、どういうわけか転送が途中で止まっちゃったんだ。そのあとカメラにカードを入れてみたらご覧のとおり。10枚ほど画像が表示できなくなっちゃった

F>そのカードリーダーって、もしかして電源がついてないUSBに差すだけのタイプ?

Y>そうだけど・・・

F>やっぱり

Y>えっ、こういうカードリーダーは使っちゃーダメなの?

F>そういうカードリーダーはね、小型だから携帯には便利なんだ。だけど、何らかの接触不良でデータ転送できなくなると、とたんに電気の供給自体も止まっちゃうから転送中にデータが壊れるリスクが大きいよ

Y>じゃーどうやってパソコンに画像データを取り込めばいいんだよ

F>カメラから直接取り込む方がリスクは少ないね

Y>ヌ、ヌ、ヌ、そうだったのか・・・

F>カードの中の画像が壊れちゃうリスクを100%回避することはできないけど、今から言うことをやっていれば、ずいぶんリスクは減ると思うよ

1.電源のないカードリーダーはなるべく使わない

2.一度エラーが発生したカードは涙を飲んで捨てる

3.信頼のおけるメーカーのカードを使う

4.たくさん写真を撮るときは、複数枚のカードに分ける

5.今度カメラを買うときはカードが2枚入る機種を選ぶ

F>ヤマトもこれぐらいのことをやらなくっちゃね。大切な子どもの写真なんだから

Y>で、さっきの画像なんとか元にもどせないの?

F>無理!無理!あきらめるんだね

Y>そんな〜

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第25話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》