フクロウ便り

《フクロウ便り》イギリス版「べっぴんさん」

神戸の子供服メーカーファミリアさんといえば、NHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」ですね。

このたび、ファミリアさんのイギリス版facebook「familiar UK」内の日本の伝統行事紹介記事において、七五三の写真を使って頂くことになりました。

イギリスの「べっぴんさん」たちにも見てもらえるかな。

https://www.facebook.com/familiar.uk/posts/341874546169759

《フクロウ便り》作品展のお知らせ

『ひいおじいちゃんのたからもの』

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブログは長〜い冬眠生活に入っておりますが、私は相変わらずマイペースでやっております。下の巡回写真展に1点展示していただいておりますので、お近くの方は是非ご覧ください。

第49回キヤノンフォトコンテスト入賞作品展

銀 座 2015/12/17(木)-12/24(木) 終了
梅 田 2016/01/14(木)-01/20(水) 終了
福 岡 2016/01/28(木)-02/09(火) 終了
札 幌 2016/02/25(木)-03/08(火) 終了
仙 台 2016/03/17(木)-03/29(火) 終了
名古屋 2016/04/14(木)-04/27(火) 終了

たくさんのご来場、ありがとうございました。

《フクロウ便り》フォトコンテストのお知らせ

yamato_camera400

「京都イクメン・イクジィ・ハッピー写真コンテスト」がNPO法人おふぃすパワーアップさんの主催で開催されます。応募は京都府内在住の方だけとなりますが、ステキな賞品を多数ご用意いただいているそうなので、みなさま奮ってご応募ください。

お一人1枚限りで、データでのご応募となります。(締切2016年1月20日(水))

詳しくはコチラをご覧ください。

 

ブログをご覧いただいたお礼に、このフォトコンの入賞ポイントを少しだけ・・・

写真のテクニカルなこと(背景処理が上手とか、構図がウマいとか)よりも、泣けるような写真(笑えるような写真)とか、こんな写真はじめて見たとか、あり得ない写真を優先します。多少ブレてたって、ピンボケしてたってかまいません。スマホ写真も大歓迎!

こんなときだけ「サカシタさんの写真はほんとにステキですよね」なんてコメントを送ってきても無駄ですからね。賄賂厳禁!

 

最後に、大賞を狙っておられる方へ

大賞賞品のお肉のうち300g、いや200gでいいので、審査員への御礼として私に譲ってください。フクロウは肉食なのです。

《フクロウ便り》絵本『りんごかもしれない』 ヨシタケシンスケ作(ネタバレ注意!)

615GWgYBjbL

最近流行っている絵本と聞いて、早速2歳になる次女のために図書館から借りてきました。

タイトルから、おおよその内容は想像がつきます。
「ただのりんごも先入観を除いて見てみると、いろんなモノに見えてくるかもしれないよ、だからもっと視野を広げてね!」。
おそらくはこんな感じのストーリー展開なんだろう。

(以下長文になります。スミマセン。)

最初の数ページは、ほぼ予想どおりでした。

「あなたが見ているりんごは、もしかすると大きなさくらんぼの一部かもしれないし、見えてない反対側はみかんかもしれない・・・」
さらに、「表面をよくみると小さな宇宙人がいっぱいいるかもしれない」とマクロ的な視点にまで話がおよびます。ふむふむ、見えている部分だけでモノごとを断定してはいけないということか・・・

でも、これで終わっていたら、それほどまでにこの絵本はヒットしなかったでしょう。
そうです、この本の面白さはここからが始まりです。

「りんごが人間みたいな感情を持っているかもしれない」とか、「兄弟がいるかもしれない」とか、「過去にどんな経験をしたんだろう、将来、このりんごはどうなっていくんだろう」みたいに、話が予想もしない方向へと進んでいきます。

冒頭部分が視覚という観点から、一方的なモノの見方に対する警告を行っているのに対し、徐々に視覚以外でもモノを捉えてみようという発想へと移っていきます。ときには擬人化してモノの気持ちを考えてみたり、育った環境を想像してみたり、歴史や未来といった時間軸でモノを考えてみる、なんてこともときには大切だよ、と教えています。

ここまでくると、私もなるほどこれはいい本だと納得。
ところが、ここから話が急展開。

「ひょっとすると、ボク以外はみんなりんごかもしれない」と、そもそもの前提をひっくりかえされてしまうのです。まさに、コペルニクス的転回というべきでしょうか。

このあとこの本はどうなっていくんだろうと思って読んでいると、突然、「でも、もしかしたら、やっぱりふつうのりんごかもしれない」と、拍子抜けするようなエンディングを迎えます。

この本を読んだ直後の率直な感想。
見事なまでの起承転結でまとめられたこの本は、もはや子どものための本ではない。

なぜなら、ウチの2歳の子は、そもそもりんごを先入観を持って見ているはずがなく(たべものだと認識しているかどうかも疑わしい)、わざわざ教えられなくてもちゃんと五感や感情を通して多面的にりんごを捉えることができていると思うからです。
では、これは誰のための本なのでしょうか?

皮を剥くと中はクリーム色で、噛むとシャキッとした歯ごたえがあって、味は甘酸っぱくて、アメリカの巨大企業の社名にもなっていて、南の国に行くと結構貴重品で・・・なんて無意識のうちにりんごを見てしまうのは、全てわれわれ大人です。
だから、この本は、頭の固くなったわれわれ大人に対して、「子どものように自由な発想で夢を持った方が人生ずっと楽しいし、心が豊かになるよ!」と忠告してくれているのでしょう。
その結果、夢が幻だって別にいいじゃない、それは、はじめから夢を見なかったのとは全然意味がちがうんだから、と。

私はこのように解釈しました。

でも次の瞬間ハッと気づいたのです。
この本はこいうことが言いたいんだな、などと決めつけてしまうこと自体が偏見、モノごとを一方向からしか見ていない証拠なのです。つまり、上に書いた解釈は、単に私一人がこう感じた、ということにすぎません。これはすべて私個人の勝手な感想なのです。

この本のほんとうの魅力は、読んだ人ひとりひとりがその意味を自由に解釈できる、ということにほかなりません。私とまったく違う読み方をする人もいるでしょう。そもそもいろんな人からいろんな考えが生まれるから、この本は素晴らしいのです。
いや、そう決めつけることもまた、一種の固定観念に囚われているのだとすると・・・
だんだん頭がこんがらがってきました。
私のとなりで、この本が「あなたの想像は正しいのかもしれない」と笑っているようです。

みなさんは、この本を読んでどうお感じになるでしょうか?

私もいつか、見る人によっていろんな意味を持つ写真を撮ってみたい、そう思わせてくれるステキな絵本『りんごかもしれない』でした。
 

 

《フクロウ便り》ヤマハPASフォトコンテスト春部門 大賞

ヤマハPASフォトコンテスト春部門 大賞

『春の彩り』

 

「ついてる日」というのはあるもので、この日、この場所で撮影した写真は、
いわゆる「当たり」がたくさんありました。

ふだんは、100枚に1枚気に入った写真があれば御の字という考えで撮っているのですが、
この日は、珍しく憑いてました。小さなモデルさんたちには感謝、感謝です。

こういう撮影ができた夜は、「よし、次も今日のように撮れば・・・」
なんて欲を出すんですが、そうは問屋が卸しません。
すぐにいつもの自分に戻ってしまうんですね。
まあ、そこが私らしいといえば、私らしいところなのですが・・・

それにしても、ちょうど「電動自転車がほしいなあ」と思っていた矢先の朗報。
長く撮っているとたまには良いことがあるものです。

またいつか「当たり」が出る日を夢見て、明日も元気に子ども写真を撮ろう!

審査員の先生方、ありがとうございました。

 

《フクロウ便り》よみうり写真大賞ファミリー部門2015年冬入選

よみうり写真大賞ファミリー部門2015冬入選

『究極の選択』

 

バレンタインデー。
いざという時には男の子より、女の子の方が度胸がありますね。
さて、こんなとき、あなたが男の子の立場ならどうします?

よみうり写真大賞3期連続入選をいただきました。ありがとうございます。

 

《フクロウ便り》第7弾あなたの「おいしい記憶」をおしえてください 準グランプリ賞

キッコーマン あなたの「おいしい記憶」をおしえてください。フォトコンテスト第7弾

準グランプリ賞

危機一髪

 

私の苦手なフォトコンテーマは、ズバリ食べ物系です。

自分で撮った食べ物写真が何か平凡でインパクトに欠けるということについて自覚はしていいましたが、変化をつけるのが難しいと感じて敬遠しがちでした。

ですので、今回の入賞はことのほか嬉しかったです。

フォトコン入賞の常連さんの中には、いわゆる食べ物系が得意な方がたくさんいて、ずいぶんと参考にさせていただきました。ありがとうございます。(何となくですが、女性カメラマンの方が食べ物の撮り方に関してアイデアが豊富な気がします。)

このときはどうやったら節分写真が面白く撮れるかを必死で考えました。見る人によっては「それは演出写真だ!」ということになるんでしょうけれど、私にとっては、撮り方のアイデアを練る作業自体、写真を撮るのと同じくらい楽しい作業なのです。(時には、撮影現場で瞬間的にアイデアが湧いてくる天才型の人を羨ましく思うこともありますが・・・)

撮影の前の日には、「よし明日はこんなイメージで撮ってやろう」と考えるんですが、実際はイメージ倒れになることがほとんどで、稀~にイメージ以上のものが撮れると今回のような結果につながるんです。だから写真は面白い!

これからも人の10倍、いや100倍失敗しながら少しずつ前へ進みます。

 

《フクロウ便り》第61回電気のある生活 奨励賞

第61回電気のある生活 奨励賞

『家事見習中』

 

タイトルどおり早く見習中になってもらいたいものですが、実際は家事妨害中っていう感じです。

後ろの方で知らん顔して座ってるお姉さん!何とか言ってよ〜

 

《フクロウ便り》平成26年度与謝野町観光フォトコンテスト 与謝野町長賞

平成26年度与謝野町観光フォトコンテスト 与謝野町長賞

『夏を追いかけて』

 

これだけ寒い日が続くと、ほんとに春がやってくるのだろうかと不安になってしまいますね。

真夏の写真を見ていると、「早く暖かい日がやってこないかな」なんて思うんですけど、夏になると今度は「早く涼しくなれば・・・」なんて考えてしまうんですね。勝手なものです。

ほんとは、日本に四季があるから、いろんな写真が撮れるわけで、ないものを欲しがらず、今その瞬間を思い切り楽しめるようになりたいものです。

ここ与謝野町のひまわりは、そんな煩悩だらけの私に、夏の暑さのことを完全に忘れさせてくれるほど素晴らしかった。

 

《フクロウ便り》浜名湖アートフォトコンテスト2014優秀賞

浜名湖アートフォトコンテスト2014優秀賞

『故郷へ帰ろう』

 

最近、お姉ちゃんは、だんだんとあどけなさがなくなってきたので、雰囲気を変えて撮ってみることにしました。これは青春18きっぷみたいになりましたけど・・・。

それにしてもこの駅はとてもレトロで趣がありました。静岡までランドセルを持っていって良かった。

於:天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅