世界一かんたんなデジカメのしくみ

世界一かんたんなデジカメのしくみ22〜禁断のボケボケワールド(単焦点レンズ)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ21からのつづき

 

F>ずいぶん時間がたっちゃったけど、前回は両用メガネの代償について話したよね。覚えてる?

Y>両用メガネは自由に画角が変えられて便利だけど、デジ亀くんが口が大きく開けられなくなっちゃうから、エサを食べるのに時間がかかるって話でしょ

F>そうそう、だから両用メガネはブレやすくて、ボカしにくいんだ。もっともブレに関しては、画質の粗れを我慢して磯薬を使う方法もあるんだけど、ボケだけはどうしようもないね(磯薬については、世界一かんたんなデジカメのしくみ1213をご参照)

Y>そこで標準メガネが登場するわけだ

F>これだとご覧の通り、デジ亀くんは口を目一杯開けることができるから、すぐにエサを食べちゃえる。だから、少しくらい暗い場所でも、磯薬を使わずに済むってことだよ

regular400

イラスト提供:tacakoさん

Y>ボケはどうなの?

F>ボケのことは以前話したよね。(世界一かんたんなデジカメのしくみご参照)デジ亀くんは口、つまりカメラの世界で言う「絞り」を大きく開けば開くほど背景を奇麗にボカせる。両用メガネでは味わえない快感さ!

Y>たしかに奇麗にボカすことはできるかもしれないけど、画角が変えられない標準メガネって、やっぱり不便じゃない?

F>確かに両用メガネほど便利じゃないかもしれない。でも、子どもに近づいたり、離れたりすることで、大きく写したり、小さく写したりすることは可能だよ。一番いいのは両用メガネと標準メガネを両方持ってうまく使い分けることだと思うな

Y>使い分けが難しそ〜

F>ボクの場合だとね、自分が自由に動けてじっくり撮れる時は標準メガネを使う。一方、お祭りや運動会みたいに自分が動けない場所にいて、なおかつ子どもとの距離がコロコロと変わる時は両用メガネを使っているよ

Y>自由に動ける場所から撮るときは標準、動けない場所から撮るときは両用か・・・なるほどね

[標準メガネ(単焦点レンズ)のボケ f2.0]

 

[両用メガネ(ズームレンズ)のボケ f5.6]

 
※f値を小さくすればするほど、絞りを開いた状態になり背景は大きくボケる。しかし、ズームレンズの場合は、f値を2.0にすることができない。
 
世界一かんたんなデジカメのしくみ23へつづく・・・
 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ21~両用メガネの代償(ズームレンズ)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ20からのつづき

 

Y>見て見て!これ〇〇カメラのセールで買ってきた10倍ズームのレンズ。じゃなかった、ここでは両用メガネって言うんだったよね

F>10倍ズームか、だったら広角から望遠までそれ一本で対応可能だね

Y>そうなんだよ。これ一本あれば怖いものなし。なぜみんな高いお金を出して、広角用のメガネや望遠用のメガネを買うんだろ?理解に苦しむね

F>なぜみんなたくさんのレンズを買うのかだって?

Y>そうだよ、だってこれすっごく便利だもん

F>確かに両用メガネは便利だよね。でもね、ヤマト!みんながたくさんのメガネを持っているのはそれなりに理由があるんだよ

Y>どんな?

F>両用メガネってのは大っきいだろ。だからデジ亀くんが口を大きく開けられない

ryouyoumegane400

イラスト提供:tacakoさん

Y>口が大きく開けられないってことは・・・

F>暗い場所でエサを食べるのに時間がかかっちゃう。つまりブレやすいってこと。もう一つが背景をボカしにくいってことだよ
※ブレについては「世界一かんたんなデジカメのしくみ7
※ボケについては「世界一かんたんなデジカメのしくみ9」ご参照

Y>だったら、ブレを止めたかったり、背景をボカしたりしたかったら両用メガネじゃダメってことか・・・

F>ダメってことはないけど、不利であることは間違いないね。さらに言っておくとズーム倍率が大きくなればなるほど、一般的にはどんどん不利になるよ

Y>ぎぇ、じゃこんな10倍ズーム買って損した・・・トホホ

F>損なんてしてないよ。両用レンズの便利さはピカ一なんだから。だから折角買ったその両用メガネをメインで使って、暗い場所で撮るときや、背景をボカしたいときだけ、画角の変わらないシンプルな標準メガネをつければいい

Y>また、新しいメガネを買わなくっちゃならないのか・・・

F>それなら心配ご無用!標準メガネは軽いし安い。お財布にとってもやさしいから。このつぎはこの標準メガネについて詳しく話をするね

Y>それを聞いてちょっと安心した

世界一かんたんなデジカメのしくみ22へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ20~いろんなメガネを覚えよう(レンズの種類)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ19からのつづき

 

Y>デジ亀くんはメガネが命なんだって?

F>もちろんさ!どんなメガネをかけるかで、出来あがりの卵はちがってくるからね

Y>俺はメガネをひとつしか持ってないから、ほかにどんなメガネがあるのか知らないよ~

F>それなら、まずデジ亀メガネ店に行って見てみよう!

shop400

イラスト提供:tacakoさん

Y>いろんなメガネが売られているね。デザインはどれもイマイチだけど

F>デザインね。たしかにデザインも大事だけど、見え方にはそれぞれ特徴があるんだよ

Y>望遠用って書いてある双眼鏡みたいなのは、遠くのものを大きく見せるメガネだよね。でも、横広の細長~いメガネは何?

F>あーあれね。あれは広角用といって、通常よりも広い範囲が見えるメガネだよ

Y>ほかにもマクロ用とか、魚眼用ってのもあるよ

F>マクロ用っていうのは、小さな昆虫とかが大きく見えるメガネのことで虫眼鏡みたいなもんだね。魚眼用っていうのは、広角よりもっと広くて魚の眼みたいに180°の範囲まで見えるよ。端っこの方はかなり歪んじゃうけど

Y>あれれ、両用っていうのは何だい?

F>両用っていうのはね。レバー操作で広角になったり、標準になったり、望遠になったりするメガネのことさ

Y>すっごく便利じゃん。そんなのがひとつあったら、広角用とか望遠用なんて買う必要なんてないね

F>そう。この両用メガネ(カメラの世界でズームレンズ)っていうヤツはすっごく便利なんだ。デジ亀くんを買ったらセットでついてくるのはほとんどがこの両用メガネだよ

Y>そういえば俺のデジ亀くんについてたのも両用メガネだったよな

F>でも、この両用メガネは、便利さとひき換えに写真にとって大事なものを犠牲にしてるんだ

Y>写真にとって大事なもの・・・

世界一かんたんなデジカメのしくみ21へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ19~デジ亀くんの三大品種(デジカメの種類)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ18からのつづき

 

Y>最近はだれでもデジ亀くんを飼っているんだね

F>そうなんだ。一昔前は一部の人の趣味だったんだけど、今ではほとんどの人が何らかのデジ亀くんを連れて歩いているといってもいい

Y>デジ亀くんの大きさもさまざまだよ

sanpo400

イラスト提供:tacakoさん

F>ところで、ヤマト!デジ亀くんってどんな種類があるか知ってる?

Y>デジ亀くんの種類って大きいのとか、小さいのとか?

F>う~ん、大きい小さいっていうのは正確な分類とは言えないな

Y>じゃーなに?

F>まず、大きな分類としてメガネが外れるかどうか

Y>えっ、メガネが外れないデジ亀くんっているの?

F>デジ亀くんのメガネ、カメラの世界ではレンズって呼んでいるんだけど、これが胴体から外せない品種がいる。スマホや携帯電話、コンパクトデジカメって呼ばれているのが、メガネが外れないデジ亀くんの品種だよ

Y>じゃーメガネが外れる品種は?

F>メガネが外れて、別のメガネと取り換えることのできるデジ亀くんを「一眼(イチガン)」っていうんだ

Y>一眼って、どこかで聞いたことある

F>ちょっと前までは、メガネが外れない品種は小型軽量、メガネが取り換え可能な品種は大型重量と決まってたんだけど、2008年にメガネが取り換え可能な小型軽量の新しい品種が生まれた。これがデジ亀くんブームのきっかけになったわけだ

Y>ノーベル賞もんだね

F>この第三の品種をカメラの世界ではミラーレス一眼って呼んでるよ

Y>つまり、今はメガネが外れない小型の品種、メガネの取り換え可能な大型の品種、メガネの取り換え可能な小型の品種の3種がいるわけだ

F>そのとおり。ちなみにメガネの取り換え可能な大型の品種は一眼レフっていうよ

Y>そもそもの話なんだけどさ、メガネが取り換えってそんなに重要なことなの?

F>いいところに気がついたねヤマトくん!実はデジ亀くんはメガネが命なんだよ

 s120

[コンパクトデジタルカメラ]

 

m

[ミラーレス一眼カメラ]

 

70d

[デジタル一眼レフカメラ]

 

価格 重量 画質 レンズ交換 機能
コンパクトデジタルカメラ 安い 軽い 高画質 不可 機能限定
ミラーレス一眼カメラ 高い 軽い 超高画質 高機能
デジタル一眼レフカメラ 高い 重い 超高画質 超高機能

世界一かんたんなデジカメのしくみ20へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ18~光に色を加えるカプセルの上手な使い方2(ホワイトバランス)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ17からのつづき

 

Y>でも、考えてみたら薄オレンジ色のカプセルっていろんな場面で使えそうだね

F>そう、例えば夕日を撮るときなんか、赤みがちょっと足りないなと思ったら、薄オレンジ色のカプセルをデジ亀くんに飲ませてあげるといい。夕焼けがとってもきれいになるから

Y>なるほどね。ところで、カプセルってオレンジ系だけじゃなくって、青いカプセルもあったよね。あれはどんなときに使うの?

F>青いカプセルね。もともとは電球みたいにオレンジの強い光を中和させるために使うんだ。でも、これだって晴天のときに使ってもいいんだよ

Y>じゃー青い卵になっちゃうじゃん

F>だから、青~い卵を作りたいときに使えばいいんだよ。お化けの写真とかさ

denkyu400

イラスト提供:tacakoさん

Y>冗談はやめてくれよ。夢に出てきそうだよ

F>ハハハ、たしかに顔をアップで撮るときに、青いカプセル(カメラの世界でいうホワイトバランス電球モード)はあまり使わないね。幽霊みたいになっちゃうから。だけど海の色を青く見せたときなんかに使うと効果的だよ。あとは、夜景が幻想的な雰囲気になったり・・・

Y>ちょっと面白いかも

F>要はヤマトがここは青っぽい方がイメージに合うかなって思ったときに使えばいいんだよ。絶対的な決まりなんてないんだから

Y>よし、これからはいろんな色のカプセルをそれぞれのシーンに合わせて使ってみよっと

[透明のカプセル(ホワイトバランス晴天モード)]

[青いカプセル(ホワイトバランス電球モード)]

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ19へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ17~光に色を加えるカプセルの上手な使い方(ホワイトバランス)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ16からのつづき

 

Y>カプセルの話って、まだまだつづくの?

F>いいかい、ヤマト!これまではずっと光の色を無色透明にする方法について話をしてきたよね

Y>魔法のカプセルはどんな光も無色透明にしてくれるし、色つきカプセルも光を無色透明にするために使うんだったね

F>今度は、逆に光に色をつけることを考えてみようよ

Y>光って、いつも無色がいいってわけじゃないんだ

F>もちろんだよ。無色がいい場合もあれば、色がついている方がいい場合もある

Y>色がついてる方がいい場合って、たとえばどんなとき?

F>そうだねえ~、たとえば子どもを晴天で撮るとき、晴天は光が無色透明だから子どもの顔があまり健康そうに見えないことがあるんだよ

Y>へぇ〜

F>こういうときは、薄オレンジ色のカプセルをデジ亀くんに飲ませれば、肌が健康的に見えるよ

Y>薄オレンジ色のカプセルって、たしか晴天じゃなくて、くもりの日に飲ませるカプセルだったよね?

F>そのとおり。くもりの日は光が薄いブルーだから、薄オレンジ色のカプセルを飲ませて無色透明にする。このくもり用の薄オレンジ色のカプセルを、あえて晴天の日に飲ませるんだよ

Y>晴天はもともと無色透明の光だから、薄オレンジの卵が産まれるってことか?

orange400

イラスト提供:tacakoさん

F>そう。だから、結果的に肌も薄オレンジ色になって健康的に見えるってわけ

Y>それってなんかズルくない?

F>ズルくなんかないさ。カプセル、つまりカメラ用語でいうホワイトバランスの上手な使い方だよ

[晴天モード(光は無色透明)・・・肌が青白い]

[くもりモード(光は薄オレンジ)・・・肌が健康的]

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ18へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ16~いろんな色のカプセル(ホワイトバランス)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ15からのつづき

 

Y>この前、確かミラクルカプセルは万能じゃないって言ってたよね?

F>ミラクルカプセルは万能とも言えるし、万能じゃないとも言える

Y>それじゃー何を言ってるのかさっぱりわからないよ~

F>ミラクルカプセルはね、どんな光も無色透明に変えてくれるっていう意味では万能カプセルと言える。でも、どんな写真も無色透明の光がイイってわけではないだろ?

Y>う~ん?それってどういう意味?ますますわからなくなってきたぞ

F>まあいいや。その前に中学校の美術の復習をしよう!

Y>なんだよそれ?

F>じゃー早速いくよ。絵の具を買ってきて全部の色を混ぜたら何色になると思う?

Y>そりゃー真っ黒になるに決まってるじゃん

F>正解!それじゃー今度は、いろんな色の光を混ぜるとどうなると思う?

Y>さあーどうなるんだろう?

F>光は色を混ぜ合わせると無色透明になる。中学校の美術で習った光の三原色ってやつだよ。だから、別にミラクルカプセルを使わなくても、オレンジの裸電球の下で撮るときは、ブルーの光のカプセルをデジ亀くんに飲ませば、結果的に無色透明の光で撮ったような写真に仕上がるんだ

Y>なるほど!だったら、日陰にいるときは、オレンジの光のカプセルを飲ませばいいってこと?

F>そういうことだね。つまり、無色透明の光を作りたかったら、光の色と正反対の色のカプセルをデジ亀くんに飲ませばいいんだよ。カメラの世界でいうホワイトバランスを電球モードにセットするってことは、デジ亀くんに青いカプセルを飲ませてるっていうことなんだ。同様に晴天日陰モードにするってことは、オレンジのカプセルを飲ませてるってこと

wbn2

イラスト提供:tacakoさん

Y>そうだったのか!う~ん、何となくわかってきたぞ〜

F>ヤマトもわかってくれたかな?

Y>でもさ、折角ミラクルカプセル(カメラの世界でいうオートホワイトバランス)があるんだったら、青のカプセルやオレンジのカプセルなんて必要ないじゃん

F>それをこれから説明するんじゃないか

世界一かんたんなデジカメのしくみ17へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ15〜光の色を消す魔法のカプセル(ホワイトバランス)~

whitebalance400

 

イラスト提供:tacakoさん

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ14からのつづき

 

Y>ほんとに副作用がないミラクルカプセルなんてあるの?

F>あーあるよ。どんなデジ亀くんにも備わっている基本機能だから

Y>このミラクルカプセルを飲ませると、どんな光源下で撮っても、光の色が無色透明になるんだよね?

F>そうだよ。光の色を無色透明にするってことは、つまり、光の色に左右されず、被写体(写す対象)の色がそのまま表現できるってことだね。光の色を無色透明にする機能のことをカメラの世界ではホワイトバランス(略称:WB)って言うんだ。そしてこのミラクルカプセルには、”オートホワイトバランス”とか、その略称”AWB”や”AUTO”っていう呼び名がついている

Y>オートホワイトバランスになっているかどうかはどこを見ればいいの?

F>ここだよ。でも、そんなに心配しなくても、デジ亀くんの初期設定ではふつうオートホワイトバランスになっているはずだから安心して

WB

Y>なあんだ。だったら、光の色のことなんて知らなくても大丈夫だよ。だって、何もしなくてもデジ亀くんがミラクルカプセルを勝手に飲んでくれるってことだろ

F>うん、まぁそういうことなんだけどね

Y>なんかスッキリしない言い方だなぁ

F>ヤマトがどんな場合でも無色透明の光にしたいんなら、それでいいんだけど・・・

Y>はあ?だって被写体の色をそのまま写真にするのが一番に決まってるじゃないか

F>そうかな?そうとも限らないんじゃないの

世界一かんたんなデジ亀くんのしくみ16へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ14〜光にはいろんな色がある(ホワイトバランス)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ13からのつづき

 

F>ヤマト、デジ亀くんには光の色を見分ける能力があるんだよ。知ってる?

Y>光の色?

F>そうだよ。たとえば裸電球、これはオレンジの光だ

Y>はっはっは、そんなの俺にだってわかるよ。電球がオレンジなのは当たり前だ!

F>へーヤマトも結構いけてるじゃん

Y>えっへん

F>じゃー曇りの日は水色に見える?

Y>はあ?

F>日陰は青く見える?

Y>見えるわけないだろ!

F>デジ亀くんの目はね、人間よりずっと光の色に敏感なんだよ。だから、人間の目が裸電球の光をオレンジ色と認識できるように、曇りの光は水色、日陰は青色に見えちゃうんだ

whitebalance

 

イラスト提供:tacakoさん

Y>ということは、日陰で撮ると写真が青くなっちゃうってこと?

F>そう

Y>でもそれだと困っちゃうよね

F>大丈夫。デジ亀くん用にとっておきのミラクルカプセルがあるから安心して

Y>ミラクルカプセルって、また劇薬でしょ?

F>これは薬じゃないよ。ミラクルカプセルはサプリメントみたいなもんだから、副作用もない

Y>ほんとかなぁ、何か裏がありそうだぞ

世界一かんたんなデジカメのしくみ15へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ13~劇薬「磯」の怖い副作用(ISO感度)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ12からのつづき

 

Y>特効薬「磯」の怖〜い副作用ってのがすごく気になるんだよね

F>まあ、どんな特効薬にも少なからず副作用はあるもんだよ

Y>その副作用のことなんだけど、いったいどんな・・・

F>ヤマトは、前回のデジ亀くんに磯薬を飲ませているイラストを見て何か気づかなかった?

Y>う~ん、どれどれ

F>どう?

Y>デジ亀くんが嬉しそうに磯薬を飲んでる

F>それだけ?

Y>そうだよ

F>それじゃー、折角描いてもらったイラストレーターさんに申し訳ない。もう一度よく見てよ!

Y>やっぱりわからないなぁ

F>卵の中の写真をよく見てよ!ほら

Y>う~ん、ゴミがいっぱいついてるね

F>そのゴミみたいに見えるのは、ノイズっていうやつだ。デジ亀くんが薬でお腹を壊してるんだよ

Y>ノイズ?

F>このノイズってヤツが、まさに磯薬の怖~い副作用なんだよ。強い磯薬を使えば使うほど、副作用も強くなるんだ

iso1

イラスト提供:tacakoさん

Y>そうだったのか・・・

F>だから、安易に磯3200や磯6400を使っちゃうとノイズだらけの卵になっちゃうんだ。だから薬を使わずに済むのなら、できるだけ使わない方がいい

Y>ふむふむ

F>夜景みたいに相手がじっとしているものを撮るときには、たとえデジ亀くんがエサを食べるのに時間がかかったとしても、磯薬を使わずに三脚を立ててブレを防いだ方がキレイな卵になる

Y>でも、子どもはじっとしてないから、デジ亀くんにエサをゆっくり食べさすわけにはいかないね

F>そうなんだ。子どもを暗い場所でブラさずに撮ろうと思ったら、どうしてもこの磯薬に頼るしかない。寝ているシーンなら磯薬なんか使わずに三脚でOKなんだけどね

Y>でも、どのくらいの強さの磯薬を飲ませればいいんだろう?

F>それが難しいんだ。必要以上に強い磯薬は副作用が増すだけだろ。だからボクは一度試し撮りして、デジ亀くんの食事時間が1/125秒になるような磯薬を飲ませるようにしているよ。これでほとんどのブレは止めることができるから

Y>食事時間が1/125秒になるようにか。例えばなんだけど、磯800ならどのくらいのノイズがでるもんなの?

F>昔はね、磯800を使うとノイズだらけでとても見れたもんじゃなかった。でも最近のデジ亀くんは優秀だから磯800でもそれほどノイズは気にならないと思うよ。あとデジ亀くんの品種によって体力もずいぶん違うから

Y>デジ亀くんの体力によっても、ノイズの出方がちがうの?

F>体力のあるデジ亀くんなら、磯6400を飲ませても平気だよ。でも、そんなデジ亀くんはとても高価だけどね

Y>くぅ、この世界もカネ次第ってことか、トホホ・・・

CANON EOS7DによるISO感度の実験

[ほとんどノイズがない]

[少しノイズがでてきたが許容範囲]

[かなりノイズが目立ってきた]

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ14へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》