関西の子ども撮影地案内

【関西の子ども撮影地案内24】あだし野念仏寺千灯供養(京都市右京区)

京都嵯峨野、あだし野念仏寺の千灯供養。毎年地蔵盆の時期に、境内にある千体の無縁仏にろうそくを灯します。

以前ははがきでの事前予約が必要でしたが、今はそのような制度はなくなりました。そのせいでしょうか、境内は観光客でごった返すようになりました。

供養する場所はカメラ持ち込みが禁止となっているため、石仏群の外周にカメラマンが早い時間からベストアングルを狙おうと陣取っています。私は灯明開始時刻18時の約30分前に到着し、随分と出遅れてしまったのですが、前でカメラを構えていた外国人が親切にも場所を譲ってくれたので、ほんとにラッキーでした。

撮影可能位置から石仏まで距離がかなりありますので、100mm以上の望遠レンズは必須です。上の写真はフルサイズカメラに135mmの望遠レンズをつけて撮影しましたが、それでもかなりトリミングしています。実質200mm相当だと思ってください。

境内は三脚の持ち込み禁止です。高感度を使って手ブレには十分注意をはらってください。8月下旬の18時台はまだ明るいので、日が完全に沈んだあと、真っ暗になるまでの19時頃が狙い目です。

また、同時期には、愛宕古道街道灯しが開催され、あだし野念仏寺の門前では、大きく美しい提灯たちが夏の京都を美しく照らしてくれます。

健脚の方で夜遅くなっても平気な方は、美しい提灯を見ながら嵐山まで歩いても1時間はかかりません。バスを利用する場合は、30分に1本しか運行していませんので、事前に時間をご確認されてから行かれた方がよいと思います。

お帰りは嵐電嵐山駅にある友禅ポールのはんなりが、「おつかれさんどす」と迎えてくれることでしょう。五山送り火のあと、少し秋の気配漂う京の夜もなかなか風情があっていいものですよ。

あだし野念仏寺

嵐電嵐山駅または阪急嵐山駅から京都バスで鳥居本下車、徒歩5分。
京都バス時刻表

 

【関西の子ども撮影地案内23】善峯寺(京都市西京区)アジサイ

広大なアジサイの楽園が、京都西山の人里離れた山間にあります。
西国第20番札所善峯寺(よしみねでら)。
京都のお寺は、観光客が多いことと、立入禁止の場所が多いことから、子どもを絡めた撮影ではあまり使わないのですが、ここはそんな心配は無用。

まずは、バスを降りて50メートルほどのところにある山門へとつづく山道。
俗世間とは隔離されたご霊験あらたかな雰囲気が漂います。

ここから山門まで約300メートルの登り坂です。

まだまだ登りが続きます。写真ではたいしたことなさそうに見えますが、かなり急です。
途中、「もうしんどくて、途中であきらめたわ」というご年配の方とすれ違いましたが、聞かなかったことにして頑張って登ります。
ベビーカーを押しながら・・・

道中の苔がとてもキレイだったので撮ろうと思ったのですが、手を離した瞬間、ベビーカーがスルスルと5メートルほど落下したのでやめました。
そして、やっとのことで山門に到着。

ここを抜けると、それはそれは見事なアジサイ苑が視界に広がっていました。青、白、紫、きっと小雨が降って霧が出れば、幻想的な光景になることでしょう。
今年は晴れてほしい日は雨。雨が降ってほしい日は晴れになりますが、こればかりはおてんとさんの気持ちひとつですから仕方ありません。

山頂付近にはこのような場所もありましたが、服が濡れると家に帰って叱られるのでパス。

このお寺は日曜日にもかかわらず悠々と撮影できたので、新しいアジサイの穴場としてストックしておこうと思います。いつまでもいいスポットであってくれるよう、カメラマンの私たちはちゃんとマナーを守って撮影したいものですね。
あまり知られたくない場所ですが、私のブログを見てくれている方は幸いそれほど多くありませんので、いつもご覧いただいているお礼にご紹介しておきます。

なお、バス停と山門のところに小さな売店はありましたが、善峯寺近郊に食事できるところはありません。ご注意ください。

善峯寺

JR向日町駅または阪急東向日駅から阪急バスで約30分
(バスは1時間に1本しかありません。ご注意ください)
JR向日町駅バス時刻表
阪急東向日駅バス時刻表
 

【関西の子ども撮影地案内22】中之島公園(大阪市北区)

大阪ではまもなく都構想問題の是非を問う住民投票が行われますね。
長年大阪に住んでいた私は、その行方がとても気になります。

関西から新幹線に乗って東京駅へ着くと、いつもうらやましく思うことがあります。
東京は緑がとても多い、と。

上野公園や代々木公園はもちろんですが、いたるところに緑地帯がある。
それに引き替え、関西、特に大阪は緑が少ないんです。ね、橋下さん。

そんな大阪ですが、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島公園だけは、緑がたくさんあって心休まります。重要文化財の中央公会堂や、表参道に負けないオシャレなカフェ(ちょっと言いすぎ・・)そうそう、春と秋にはここのバラ園に訪れる人も多いですね。

この中之島公園に隣接する大阪市役所南側のケヤキ並木が私のオススメ撮影スポットです。
平日はビジネスマンがたくさんいる場所ですが、土日はほぼ無人になる時があります。その時が絶好の撮影チャンス。梅田(大阪駅)から徒歩15分で行ける大都会のまん中に、こんな場所があるとは大阪も捨てたもんじゃありません。2008年からは京阪電鉄中之島線ができて、ますますアクセスが便利になりました。

都構想の結果は神のみぞ知る、ということでしょうが、大阪市が残っても、都になっても、もっともっと大阪に緑を増やして、美味しくて、人情味があって、そして面白い、魅力的な街になったらいいですね。

大阪、やっぱ好きやねん。

中之島公園

大阪市役所本庁舎(京阪電鉄大江橋駅から徒歩5分)

 

【関西の子ども撮影地案内21】松尾大社(京都市西京区)ヤマブキ

京都では遅咲きと言われる御室桜が散って、さあ次は何を撮ろうかなと迷った時は、ここを訪れます。

桜や菜の花、チューリップといった明るく、陽気な花が春の代名詞でありますが、このヤマブキは、春の花としては珍しくどこか繊細で品格を感じさせる大人の花といえるでしょう。

実際、ヤマブキの名所と呼ばれるここ松尾大社も、とても静かな雰囲気でその香りを存分に楽しむことができます。

しかし、・・・です。この花は、やっぱり子どもには合わせにくい。

まあ、当たり前ですよね。そこで、今日は子どもらしい写真を撮るのをあきらめました。レモン色の洋服と、ヤマブキ色が少し違っていますが、それはご愛嬌ということでどうかお許しください。

桜の終わった京都もなかなかの風情があります。お花見とゴールデンウイークの間に、ヤマブキとともに、ちょっと一息いかがですか?

 

松尾大社 
阪急電鉄松尾大社駅下車すぐ

 

 

【関西の子ども撮影地案内20】八瀬の川原(京都市左京区)

今年の夏は雨、雨、雨。

夏らしい写真が撮れずに、秋がやってきそうな予感です。(いい訳ですけれど)

毎年たくさんの子どもたちが遊んでいる八瀬の川原も、台風の影響で水量が多く、子どもたちの姿がありません。心地よいはずの川の水は冷たくて、長時間浸かっているとブルブルと震えてきます。

しかし、夏休み後半晴れる日があればもう一度行ってみたい、そんな避暑地の一つでもあります。
何と言ってもアクセスが良く、叡電の八瀬比叡山口駅下車徒歩1分。
水量が少なければ、子どもが飛び込みできる岩や、滝登りができる場所もあるのです。

なお、トイレは改札を出たところにありますが、着替える場所はありませんのでくれぐれもご注意ください。

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》
     

 

【関西の子ども撮影地案内19】与謝野町ひまわりフェスティバル(京都府与謝野町)

ありそうなのに近くにない。
ひまわり畑に行くのに、高速道路を使って片道2時間半の道のり。信じられますか?
京都市近郊にもあるにはあるのですが、田園風景の中で撮りたいので毎年遠出しています。

ひまわりの撮影は暑さとの勝負。
熱中症で倒れる前に、小一時間でさっと切り上げて帰るのが原則です。
それでも、大粒の汗がポタポタと滴り落ちてきます。
そんな覚悟で望んだ今年の撮影ですが、この日は終日小雨模様。
アジサイを撮っているような感覚で、楽〜にひまわりを撮ることができました。

でも、写真で見ると、やっぱりひまわりは曇天より青空がお似合いだなぁ〜

与謝野町のひまわりは、比較的空いているうえ、段々畑のようになっていて、とても撮りやすいロケーションでした。巨大ひまわりの摘み取りも3本たったの100円。
ただし、ものすご〜く遠いです。
帰りは渋滞で京都市内まで3時間半かかりましたが、それでも来年は、快晴のときにチャレンジしたいほどステキな場所でした。

ひまわり15万本の与謝野町ひまわりフェスティバル会場へは
京都縦貫自動車道、与謝天橋立ICから車で約15分
 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西の子ども撮影地案内18】下鴨神社のみたらし祭(京都市左京区)

京の夏は、行事が目白押し。
祇園祭が終わったと思ったら、すぐにみたらし祭が始まる。
祇園祭が豪壮なら、こちらのみたらし祭は幽玄といったところでしょうか。

猛暑の中でも凍るように冷たい御手洗川に足を浸して無病息災を願う。
何とも京都らしいお祭りですが、みたらし団子もこのお祭りが発祥なのだそうです。

下鴨神社の近くには「加茂のみたらし茶屋」という有名なお店があって、
みたらし祭のときには出店もオープンするのですが、団子はいつもすぐに売り切れ。
結局今年も買えずじまいでした。

このお祭り、実際は下のような混雑ぶりで、イメージどおり幻想的な雰囲気を味わうことがなかなかできません。幽玄は写真の中だけでお感じいただければ幸いです。

下鴨神社へは京阪電車の終点出町柳駅から徒歩約15分。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西の子ども撮影地案内17】御殿場浜の潮干狩り(三重県津市)

三重県津市の御殿場浜は遠浅で、干潮時には100メートルほど沖に行っても子どもの腰の深さほどしかありません。

そんな御殿場浜に今日は海水浴ではなく、潮干狩りに行ってきました。本来であればアサリやハマグリなどが取れるそうなのですが、今年は不漁のようでほとんどいないのです。写真ではずいぶん取れているように見えますが、これはほとんどが撒いてもらった貝です。まあ子どもにはどっちでもいいことなのですが・・・

このところ猛暑が続いてイヤになりますが、こういうところに来ると潮風が心地よく、夏もいいもんだなぁとつくづく思います。

ということで、今日の写真は潮干狩りの元気良いバージョンと、ちょっと残念バージョンでした。

御殿場浜へは京都、大阪から車で約2時間半。電車なら近鉄、JR津駅から三重交通バスに乗り換えて御殿場口で下車、徒歩7分。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西の子ども撮影地案内16】美山かやぶきの里(京都府美山町)

京都にも白川郷に似たかやぶき屋根の集落があります。

京阪神で日本の原風景と出会える場所は限られますが、美山かやぶきの里はその数少ない一つと言えるでしょう。

2番目の写真は、レトロなポスト、かやぶき屋根の連なり、バックに北山杉と、美山お決まりの定番撮影スポットですが、実はこの場所で絵はがきさながらの写真を撮るのは意外と難しいのです。

と言いますのは、ここに車を止めて散策する人があとをたたず、運良く車がなかったとしても、常に観光客が大勢歩いているのです。

この日は雨が降っていたお陰で、偶然このような写真を撮ることができました。でもよく見ると、右の木陰から人がわずかに出て来ているのがお分かりになりますでしょうか?

子どもには、雨の中15分ほどポストの横で待機してもらい、人が途切れた瞬間にダッシュするようお願いしました。そのせいで子どもの服はびしょ濡れです。(私の子でなかったらこんなことしなくて良かったのに。何と運の悪い子)

その後、「あれだけ苦労して撮った写真がこれ?」と、家族から総スカンを食らったのは言うまでもありません。

1回の成功のためには100回の失敗が必要なのです。(ま、私の場合はですけど)

そうそう、この日はブログ上で親しくさせていただいているSさんとバッタリお会いしたのでした。Sさん、写真の出来はいかがでしたでしょうか?

美山町へは京都市内から国道162号線で高雄、周山を経由し、ひたすら北上、車で約1時間半で到着します。道の駅「美山ふれあい広場」のジェラートが美味しいのでおススメですよ!

美山かやぶきの里

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》

 

【関西の子ども撮影地案内15】宝ケ池公園(京都市左京区)

京都市内は意外と緑のある公園が少ないです。
市内でどこを向いても緑のある場所、しかも人が少ない所となれば、真っ先に宝ケ池公園をおススメします。
京都の方はよくご存知の通り、宝ケ池公園には「子どもの楽園」という遊具がたくさん設置されている人気の広場があるのですが、なぜか夏場でも16時半に閉園になってしまいます。
ですので、日中は「子どもの楽園」で思いっきり遊ばせて、夕方の時間が緑の中での子ども撮影タイムとなるわけです。
宝ケ池公園へは地下鉄烏丸線国際会館駅から徒歩15分の距離ですが、実は、公園よりもむしろ、国際会館駅から宝ケ池公園に向かう途中の緑がすごくキレイなので、私はいつもここで撮影しています。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》