子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第43話~服の色にはこだわるべし~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第42話からのつづき

 

F>あ~田舎に帰りたい・・・

Y>そういえばお前のふるさとは、ギリシャだったよね?

F>ギリシャ危機も落ち着いたみたいでホッとしたよ

Y>ギリシャか~、俺も行って見たいなぁ

F>子ども写真島の神々は今ごろ何してるんだろ?

Y>優雅にエーゲ海クルーズでも楽しんでるんじゃないの?ギリシャはブルーの海に白亜の建物ってイメージだな

F>そういえば国旗もブルーと白だよ。あっそうそう、色の話で写神(シャシン)が言ってたことを思い出した

Y>なになに、教えて!

F>うん。その写神によるとね、子ども写真で重要なのは、子どもの服なんだってさ

Y>いや~それはそうかもしれないけど、高い子ども服なんて、そうそう買えないよ~

F>いやいや違うんだって!服の値段じゃなくて色だよ、色

Y>色?

F>日本人は黒っぽい色の服を好んで着るけど、子ども写真では使いにくいんだって

Y>そんなもんかねぇ

F>上の写真を見てごらん?桜に濃いグレーの服ってどうだろう?

Y>カラーコーディネーターじゃないから良くわかんないな

F>そんな難しいこと言ってるんじゃないよ。こうした方が春らしい雰囲気にならないかい?

Y>ほう、ほう

F>春なら淡いパステル調の服を着た方が、写真自体が美しく見えるってことさ。子どもの場合、明るい色の服だと、どんなシーンにも合いやすいよ

Y>これってカメラのテクニックじゃないよね?

F>そのとおり。実はカメラのテクニックじゃないところで写真に差がついちゃうことって意外と多いんだよ

Y>カメラがなくても、写真の腕を上げる方法ってあるんだなぁ〜

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第44話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》