世界一かんたんなデジカメのしくみ12〜禁断の薬でパワーアップ(ISO感度)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ11からのつづき

 

Y>ねぇ、ねぇ、フクロウちゃん、暗い場所でもブレたり、ボケたりせずに撮れる方法、早く教えてよ〜

F>フクロウちゃんだって?気持ち悪〜い

Y>じゃー早く教えてくれよ!

F>ヤマトがそうまで言うならしかたがない。禁断の薬のこと教えよう!

Y>禁断の薬?

F>デジ亀くんをパワーアップさせる禁断の薬「磯(いそ)」だよ

Y>磯?イソジンじゃないよね?

F>ちがう。磯だ!この磯という薬はだな、エサをあまり食べなくてもデジ亀くんが働ける魔法の薬なんだ

Y>もっとわかりやすく言ってよ

F>つまりこういうことだよ。暗い場所だと、エサである光の玉が少ないから、デジ亀くんがお腹いっぱいになるまでには時間がかかるよね。これがブレの原因だった。そして、口もできるだけ大きく開けなきゃなかなかエサが食べられない。これはボケの原因になっていた

Y>確かそうだったね

F>もし、この魔法の薬「磯」を使うことで、エサの量が半分で済むとしたらどうなると思う?

Y>食べる時間は速くなるし、口もそれほど大きく開けなくていい・・・

F>そのとおり。ボケにくく、ブレにくくなるってことだよ

iso2-400

 

イラスト提供:tacakoさん

Y>へぇ〜。そんな便利な薬があるんだ

F>これで驚いちゃいけないよ。一番効果の弱い「磯200」だと必要なエサの量は半分に減るだけなんだけど、「磯400」なら1/4、「磯800」なら1/8、「磯1600」ならたった1/16のエサで済んじゃうんだ。カメラの世界でISO感度と呼ばれているヤツさ

Y>げぇー、そんな少ししかエサを食べなくて大丈夫なの?

F>さらに、さらに、最近は「磯3200」「磯6400」「磯12800」・・・なんてすっごく強い薬も発明されている。だから、普通だったらブレちゃったり、ボケちゃったりする写真が、この薬を使うことでちゃんと撮れちゃうんだ

[基準感度(ISO100)だとブレるけど・・・]

[ISO1600だとブレない]

Y>こんな便利な薬があるのなら、もっと早く教えてくれればいいのに。ケチ!

F>ところがね、この禁断の薬には、怖〜い、怖〜い副作用があるんだ。だからヤマトには教えたくなかったの!

Y>怖い副作用だって?

F>フフフ。そう怖〜い副作用が

世界一かんたんなデジカメのしくみ13へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》