世界一かんたんなデジカメのしくみ13~劇薬「磯」の怖い副作用(ISO感度)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ12からのつづき

 

Y>特効薬「磯」の怖〜い副作用ってのがすごく気になるんだよね

F>まあ、どんな特効薬にも少なからず副作用はあるもんだよ

Y>その副作用のことなんだけど、いったいどんな・・・

F>ヤマトは、前回のデジ亀くんに磯薬を飲ませているイラストを見て何か気づかなかった?

Y>う~ん、どれどれ

F>どう?

Y>デジ亀くんが嬉しそうに磯薬を飲んでる

F>それだけ?

Y>そうだよ

F>それじゃー、折角描いてもらったイラストレーターさんに申し訳ない。もう一度よく見てよ!

Y>やっぱりわからないなぁ

F>卵の中の写真をよく見てよ!ほら

Y>う~ん、ゴミがいっぱいついてるね

F>そのゴミみたいに見えるのは、ノイズっていうやつだ。デジ亀くんが薬でお腹を壊してるんだよ

Y>ノイズ?

F>このノイズってヤツが、まさに磯薬の怖~い副作用なんだよ。強い磯薬を使えば使うほど、副作用も強くなるんだ

iso1

イラスト提供:tacakoさん

Y>そうだったのか・・・

F>だから、安易に磯3200や磯6400を使っちゃうとノイズだらけの卵になっちゃうんだ。だから薬を使わずに済むのなら、できるだけ使わない方がいい

Y>ふむふむ

F>夜景みたいに相手がじっとしているものを撮るときには、たとえデジ亀くんがエサを食べるのに時間がかかったとしても、磯薬を使わずに三脚を立ててブレを防いだ方がキレイな卵になる

Y>でも、子どもはじっとしてないから、デジ亀くんにエサをゆっくり食べさすわけにはいかないね

F>そうなんだ。子どもを暗い場所でブラさずに撮ろうと思ったら、どうしてもこの磯薬に頼るしかない。寝ているシーンなら磯薬なんか使わずに三脚でOKなんだけどね

Y>でも、どのくらいの強さの磯薬を飲ませればいいんだろう?

F>それが難しいんだ。必要以上に強い磯薬は副作用が増すだけだろ。だからボクは一度試し撮りして、デジ亀くんの食事時間が1/125秒になるような磯薬を飲ませるようにしているよ。これでほとんどのブレは止めることができるから

Y>食事時間が1/125秒になるようにか。例えばなんだけど、磯800ならどのくらいのノイズがでるもんなの?

F>昔はね、磯800を使うとノイズだらけでとても見れたもんじゃなかった。でも最近のデジ亀くんは優秀だから磯800でもそれほどノイズは気にならないと思うよ。あとデジ亀くんの品種によって体力もずいぶん違うから

Y>デジ亀くんの体力によっても、ノイズの出方がちがうの?

F>体力のあるデジ亀くんなら、磯6400を飲ませても平気だよ。でも、そんなデジ亀くんはとても高価だけどね

Y>くぅ、この世界もカネ次第ってことか、トホホ・・・

CANON EOS7DによるISO感度の実験

[ほとんどノイズがない]

[少しノイズがでてきたが許容範囲]

[かなりノイズが目立ってきた]

 

世界一かんたんなデジカメのしくみ14へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》