世界一かんたんなデジカメのしくみ16~いろんな色のカプセル(ホワイトバランス)〜

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ15からのつづき

 

Y>この前、確かミラクルカプセルは万能じゃないって言ってたよね?

F>ミラクルカプセルは万能とも言えるし、万能じゃないとも言える

Y>それじゃー何を言ってるのかさっぱりわからないよ~

F>ミラクルカプセルはね、どんな光も無色透明に変えてくれるっていう意味では万能カプセルと言える。でも、どんな写真も無色透明の光がイイってわけではないだろ?

Y>う~ん?それってどういう意味?ますますわからなくなってきたぞ

F>まあいいや。その前に中学校の美術の復習をしよう!

Y>なんだよそれ?

F>じゃー早速いくよ。絵の具を買ってきて全部の色を混ぜたら何色になると思う?

Y>そりゃー真っ黒になるに決まってるじゃん

F>正解!それじゃー今度は、いろんな色の光を混ぜるとどうなると思う?

Y>さあーどうなるんだろう?

F>光は色を混ぜ合わせると無色透明になる。中学校の美術で習った光の三原色ってやつだよ。だから、別にミラクルカプセルを使わなくても、オレンジの裸電球の下で撮るときは、ブルーの光のカプセルをデジ亀くんに飲ませば、結果的に無色透明の光で撮ったような写真に仕上がるんだ

Y>なるほど!だったら、日陰にいるときは、オレンジの光のカプセルを飲ませばいいってこと?

F>そういうことだね。つまり、無色透明の光を作りたかったら、光の色と正反対の色のカプセルをデジ亀くんに飲ませばいいんだよ。カメラの世界でいうホワイトバランスを電球モードにセットするってことは、デジ亀くんに青いカプセルを飲ませてるっていうことなんだ。同様に晴天日陰モードにするってことは、オレンジのカプセルを飲ませてるってこと

wbn2

イラスト提供:tacakoさん

Y>そうだったのか!う~ん、何となくわかってきたぞ〜

F>ヤマトもわかってくれたかな?

Y>でもさ、折角ミラクルカプセル(カメラの世界でいうオートホワイトバランス)があるんだったら、青のカプセルやオレンジのカプセルなんて必要ないじゃん

F>それをこれから説明するんじゃないか

世界一かんたんなデジカメのしくみ17へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》