世界一かんたんなデジカメのしくみ4~メタボのススメ?(露出補正プラス)~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

世界一かんたんなデジカメのしくみ3からのつづき

 

F>デジ亀くんのエサの話の続きだよ〜

Y>たしかデジ亀くんは何もしなくても、エサを勝手食べてくれるんじゃなかったけ?

F>そのとおり、デジ亀くんは適量のエサを勝手に食べてくれるよ

Y>じゃー何も心配しなくていいんじゃないの。あっ、もしかして最近デジ亀くんが増えすぎて食糧不足とか?

F>エサは光の玉だよ、光なんていくら食べてもなくならないよ

Y>じゃー何が問題なのさ

F>問題と言うわけじゃーないんだけど・・・

Y>じゃー何?

F>デジ亀くんは、ほどよい明るさの卵を産むために、自分で食べるエサの量を決めるんだ

Y>それでいいじゃん

F>でもね、デジ亀くんが考えるちょうど良い明るさと、飼い主の考える明るさっていうのが一致しないときがあるのさ

Y>明るさなんて、これまで考えたことなかったなぁ

F>そうかもしれないね、でも、これからはヤマトが明るさを決めて撮ってほしいんだよ。撮ってるのは飼い主であるヤマトなんだからさ

Y>う~ん

F>一般的に子ども写真はね、デジ亀くんが考えた明るさより、もっと明るい方がキレイに見えることが多いよ

Y>へぇ~、じゃーどうやってデジ亀くんに明るい卵を産ませるの?

F>それはカンタンだよ、デジ亀くんにいつもより多めにエサを与えればいいんだ。カメラの世界ではエサの量を調整することを露出補正、多めにエサを与えることを露出補正をプラスにするって言うんだ

dejikameplus

イラスト提供:tacakoさん

Y>なるほどね。でもどのくらいたくさんエサを与えれば、どのくらい明るくなるかなんてわかんないよ

F>その心配はいらないよ、だって液晶画面で見ればすぐわかるからね

Y>あっそうか

F>エサの量の調整は、カメラの世界ではこのプラスマイナスって書いてあるボタンで操作するんだ。このボタンを押してプラスの値を大きくすれば、エサをたくさん食べてくれるってことだよ。因みに+1.0で通常の2倍、+2.0で通常の4倍のエサを食べることになるよ

5f63f49b6b7d98988e1002a4a4fY>写真って面白いね

F>エサの調整は、すっごく重要だから絶対に忘れないで!

Y>わかった!

F>次は、エサを食べる量が少なすぎるとどうなるかっていう話をするよ、いいね!

20130317-IMG_9850-3

20130317-IMG_9850-2

20130317-IMG_9850

世界一かんたんなデジカメのしくみ5へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》