子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第34話~新緑をもっと鮮やかに!~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第33話からのつづき

 

Y>緑がキレイな季節になってきたね

F>こういう季節は、緑をたくさん画面に入れてみずみずしく撮らなくっちゃ

Y>だろ、だから画面に緑をいっぱいいれて撮ってきたよ

F>う~ん、確かに緑がたくさん画面に入ってるんだけど、なんか緑がくすんじゃってない?

Y>そうかなぁ?別にそうは思わないけど

F>この写真1枚だけだとわからないかもしれないけど、こうするとどうだろう、緑がより鮮やかになったと思わないかい?

Y>えっ?今のどんな魔法を使ったの?

F>これは魔法じゃないよ。仕上がり設定(注)を変えてみただけさ

Y>仕上がり設定?

F>仕上がり設定のことをキヤノンではピクチャースタイルって呼んでいるんだけど、そのピクチャースタイルを「スタンダード」から「風景」に変更しただけだよ

Y>するとどうして緑が鮮やかになるの?

F>全体の彩度をあげちゃうとド派手な感じになっちゃうけど、「風景」モードは青や緑だけ彩度をあげてくれる。だから写真が毒々しくなったりしないんだ

Y>それで新緑が映えるってわけか・・・

F>そういうこと。写真はできるだけキレイに見えるように撮ってあげなきゃーね

 

(注)仕上がり設定はメーカーによって呼び名が違うので注意
キャノン:ピクチャースタイル
ニコン:ピクチャーコントロール
ソニー:クリエイティブスタイル
オリンパス:仕上がりモード
ペンタックス:カスタムイメージ

 

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第35話につづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》