子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第8話~順光日向病にご注意!~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第7話からのつづき

 

F>ヤマトは写真を撮るときに太陽がどっちにあるか意識してる?

Y>あまり考えたことないな。あっイヤ、太陽の方に向かって撮らないように心がけてるよ。太陽の方に向かって撮ることを逆光っていうんだろ

F>結構詳しいじゃん、じゃーなぜ逆光では撮らないの?

Y>それは良く知らないけど、みんな逆光で撮る写真はダメだって言ってるからなぁ

F>じゃーヤマトは太陽が子どもに当たるように撮っているんだね

Y>基本、そうだね

F>子どもが太陽に向かって立っている状態のことを順光っていうんだよ。ヤマトの後ろに太陽があると子どもの顔を明るく照らしてくれるだろ

jyunkou

 

イラスト提供:wakotozakkaさん

Y>そんなこと覚えてどうするの

F>つべこべ言う前に1枚順光で撮ってみようよ!はい、パシャ!

F>どう?これ

Y>やっぱり顔が明るく写ってるね、いい写真!

F>そうかな、ボクはそうは思わないんだけど・・・

Y>えっ、この写真の何がいけないの??

F>確かに子どもの顔は明るく写ってる。でも子どもがとても眩しそうじゃない?

Y>言われてみればそうかもね。子どもは太陽の方に向かって立ってるんだから

F>それともう一つ。頬や首に大きな影が出ているのがわかる?ほらこんな風に

F>顔に強い影がでちゃった写真のことを順光日向病っていうんだよ。あまりカワイくないだろ

Y>そんな細かいことどうでもいいじゃん

F>写真は細かいことが重要なんだよ。ヤマトみたいな大ざっぱな人間にはわからないだろうけど

Y>うるさい!今度言うとフクロウ鍋にしちゃうぞ~、じゃーどうすればいいのかサッサと言ってみろよ!

F>逆光で撮ればいいんだよ

Y>えっ、逆光???、みんなダメだって言ってるのに

F>フフフ・・・

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第9話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》