【関西の子ども撮影地案内16】美山かやぶきの里(京都府美山町)

京都にも白川郷に似たかやぶき屋根の集落があります。

京阪神で日本の原風景と出会える場所は限られますが、美山かやぶきの里はその数少ない一つと言えるでしょう。

2番目の写真は、レトロなポスト、かやぶき屋根の連なり、バックに北山杉と、美山お決まりの定番撮影スポットですが、実はこの場所で絵はがきさながらの写真を撮るのは意外と難しいのです。

と言いますのは、ここに車を止めて散策する人があとをたたず、運良く車がなかったとしても、常に観光客が大勢歩いているのです。

この日は雨が降っていたお陰で、偶然このような写真を撮ることができました。でもよく見ると、右の木陰から人がわずかに出て来ているのがお分かりになりますでしょうか?

子どもには、雨の中15分ほどポストの横で待機してもらい、人が途切れた瞬間にダッシュするようお願いしました。そのせいで子どもの服はびしょ濡れです。(私の子でなかったらこんなことしなくて良かったのに。何と運の悪い子)

その後、「あれだけ苦労して撮った写真がこれ?」と、家族から総スカンを食らったのは言うまでもありません。

1回の成功のためには100回の失敗が必要なのです。(ま、私の場合はですけど)

そうそう、この日はブログ上で親しくさせていただいているSさんとバッタリお会いしたのでした。Sさん、写真の出来はいかがでしたでしょうか?

美山町へは京都市内から国道162号線で高雄、周山を経由し、ひたすら北上、車で約1時間半で到着します。道の駅「美山ふれあい広場」のジェラートが美味しいのでおススメですよ!

美山かやぶきの里

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》