子ども写真島の神々4~長倉洋海神~

51Rjayn41JL._SS500_

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

 

Y>子どもってたくましいよね

F>そうだね。大人はどんなに満たされていても、自分の環境に不平不満を言うもんだけど、子どもは逆。どんなに過酷な状況におかれていても、明るい顔をして精一杯生きてる

Y>大人も子どもから見習わないといけないことがたくさんありそうだね

F>ヤマトは、アフガンとか南アフリカとか、世界の紛争地や厳しい気候風土の中でたくましく生きる子供たちばかりを撮り続けている長倉神って知ってる?

Y>その名前どこかで聞いたことある。あっ、人じゃなくて神だったね

F>長倉神の撮った子ども写真に悲壮感はみじんも感じないだろ。東北で被災した子どもたちの写真集「だけど、くじけない」を読んでも、みんな希望に満ちたとてもイイ顔してるよ

Y>すっごくつらいことがたくさんあったはずなのにね

F>長倉神は日本各地で講演会をやっているから、いつか行ってみるといいよ

Y>京都にも来てくれるかな?

F>きっと来てくれるはずだよ、だって長倉神は同志社の出身なんだから

Y>それなら可能性大だね、ウチの子どもたちにも聞かせてやりたいよ

F>それと、長倉神はアフガニスタン北部バンシール渓谷に住む子どもたちの教育を支援する非営利法人「アフカニスタン山の学校支援の会」の代表も務めているらしいよ

Y>ネットでみると、以前は窓もドアも机も椅子もない寒風が吹きこむ学校だったみたいだね。でもまだ教材が満足にないみたいだよ

F>そうなんだ。ボクも世界の秘境には結構足を運んだから、その悲惨さのほんの少しくらいはわかるような気がする

F>2012年12月14日、朝日新聞の天声人語で長倉神のことが紹介されていて、すごく印象的だった言葉あるから最後に紹介するね

小さな瞳から希望が消えれば、それはもう子どもではない

 

【長倉洋海】
1952年北海道生まれ
通信社勤務後、フリーの写真家となる
世界の紛争地や難民キャンプで生きる子どもたちを撮る
著書「小さなかがやき」「微笑みの降る星」「山の学校の子どもたち」など多数
webサイトはこちら

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》