子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第22話~お誕生日のストロボにイエローカードを~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第21話からのつづき

 

F>おっ、今日はもしかしてお誕生日?

Y>1年に1回の記念日だから、ちゃんと撮らなくっちゃと思ってね

F>でも、ヤマト!もしかして、このマンガみたいになってるんじゃない?

kokonara_flash300イラスト提供:のみやんたさん

Y>うわっ、痛いところを突かれた!

F>やっぱり。折角の楽しい雰囲気を、ストロボの光で壊しちゃったら子どもたちがかわいそうだよ

Y>しょぼん

F>それに出来上がった写真だって、ストロボの光のせいでロウソクの灯りがかき消されちゃってるよ

Y>でも、俺のカメラは暗いところだと勝手にストロボがピカッと光っちゃうんだよ

F>だったら、このボタンを押せばいいんだよ。これはストロボ発光禁止ボタンと言って、暗いところでもストロボが光らない

noflash

Y>でも、ストロボ光らせなかったら、ものすごく遅いシャッタースピードになって、またブレブレ写真になっちゃうんじゃないの?

F>だから、そんな時はISO感度をウンと上げちゃえばいいんだよ。そうだなISO3200、それでダメだったらISO6400くらいまで上げちゃおう。そうすれば、ムードを活かした写真が撮れるよ(ISO感度の説明はコチラをご参照)

Y>禁断の磯(いそ)薬を使うんだね

F>この時は、惜しみなく使っちゃえ。とにかく、オシャレなカフェとか暗くて雰囲気のある場所ではストロボは絶対NG。撮られてる人も撮った写真も白けちゃうから

Y>気をつけよっと

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第23話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》