子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第5話~一歩前で撮りましょう!~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第4話からのつづき

 

F>赤ちゃんを撮っているんだね

Y>なかなか難しいなぁ

F>いや、ヤマトにしては良く撮れている方だよ

Y>「ヤマトにしては・・・」っていうのはやめてくれよ!

F>ゴメン。ゴメン。でもちょっとインパクトが弱いなぁ

Y>インパクト?そんな抽象的な表現じゃどうすればいいのかわからないよ

F>インパクトを強くするのはカンタンだよ。普段写真を撮っている距離よりも一歩前で撮ればいい

21400

イラスト提供:こと子さん

Y>たったそれだけ?

F>そう。たったそれだけだよ。そうすることで、ほら、写真に迫力が出てくるだろ

Y>ほほう。たしかにこっちの方が写真に迫力がある

F>でしょ!

Y>でも、こんなに近すぎると、カメラをのぞいたときに窮屈な感じがするんだよね

F>慣れないうちはそうかもね。だから、いつもの距離で一枚撮ってみて、そのあとに思い切って寄ってみればいい。そうすると子どもに近づいて撮ることへの抵抗がなくなるから

Y>よし、これからはいつもの距離で1枚、一歩前へ出て1枚。やってみよ!

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第6話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》