子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第15話~あなたがフォトコンに応募しない理由(前編)~

yamatofly

イラスト提供:enaさん

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第14話からのつづき

 

F>ヤマト!フォトコンテストって知ってる?

Y>もちろんだよ。入選したら雑誌やパンフレットに載るってヤツだろ

F>そうだよ。ヤマトも一度応募してみたらどうだい?

Y>ギェ、お、俺が・・・

F>ひょっとすると賞金で新しいカメラ買えちゃうかもよ。最近、金欠なんだろ

Y>いやー無理!無理!絶対入選なんてっしないって。俺自分の実力はよーくわかってるから

F>ヤマトさ!一度日本ブログ村っていうブログランキングサイトの「子供写真」ってカテゴリー見てみなよ。毎日のように〇〇フォトコンテストで入選しました!とか、最優秀賞で賞金〇〇円!なんて記事が出てるから

Y>知ってるよ。でも、あの人たちは特別なんだって。入選の常連ばっかりじゃん

F>ヤマトさ、年末ジャンボ買った?

Y>おいおい、お前はいきなり話が飛ぶね。わけがわからん。とにかく、年末ジャンボは買ったよ。1丁目のタバコ屋の横の宝くじ売り場は3億円が過去に5本も出て市内最高なんだってよ。ムフフ・・・俺もひょっとして・・・

F>ヤマト、まさかその売り場で買ったの?

Y>もちろん

F>市内で一番当たりくじが出たってことは、一番ハズレくじが出たってことだよ

Y>な、なに!!!

F>確率的に言うとそういうことだろ。でないとどう考えてもおかしいよ

Y>ムッムム・・

F>だからその売り場は、過去の当たりの本数だけを大きな紙に書いて宣伝してるわけだ。それ自体はウソじゃないからね。つまり、フォトコンも宝くじと同じなんだよ

Y>フォトコンと宝くじが同じ?ますますわからん

F>いまフォトコン入選の常連になってる人たちは、もしかするとかつては落選の常連だったかもしれないってこと。誰だって「落選しました!」ってブログで報告しないんだから。入選報告ばっかり聞かされてると、百発百中で入選しているかのように、みんな錯覚しちゃうわけさ

Y>そういうカラクリだったのか

F>別にカラクリじゃないさ。ボクなんか落選回数なら日本ブログ村のトップかもしれないって思っている。だからヤマトも最初は応募→落選、応募→落選の繰り返しになるかもしれないけど、それを繰り返しているうちに、やがて少しづつ入選できるようになってくるよ。入選回数が多いってことは、それだけ落選回数も多いってこと。今の入選常連の人たちがみんな辿ってきた道だよ。みんな落選を怖がらずに、勇気を持ってフォトコンの海に飛び込んでいったんだ

Y>それはわかるんだけど、俺はまだちょっと早いよ~

F>勇気のないヤツだなホントに。よし、じゃーボクがヤマトの背中をポンと押してやるよ!

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第16話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》