子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第57話~メイキングオブ七五三のすすめ~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第56話からのつづき

 

Y>今日、神社に行ったら家族連れがすっごく多かったよ

F>今はちょうど七五三の季節だからね~

Y>でも、七五三って何のためにやるんだろ?

F>もともとは子どもの健康と成長を祈ってお参りする関東の伝統行事らしいけど、なぜ全国に浸透したのかは謎だな~

Y>この時期は七五三でどこの写真館も予約でいっぱいみたいだね。お参りの日は11月に集中するから、前撮り割引なんてのもあるらしいよ。うちの子もその時期が来たら前撮りしてもらわなくちゃ

F>すごいよね日本っていう国は。ところでヤマトは七五三の写真を写真館任せにするつもり?

Y>だって、あんなスタジオ設備持ってないし・・・

F>じゃー記念写真は写真館で撮ってもらうとして、ヤマトは何も撮らないの?

Y>撮らないわけじゃないよ。神社の前で家族写真とか・・・

F>それも記念写真だよね~

Y>いったい何が言いたいの?

F>七五三っていうのは、子どもの晴れ着姿が見れる絶好の機会なんだから、記念写真だけじゃーもったいないよ。せっかくだから親にしか撮れない写真を撮ってあげなきゃ

Y>親にしか撮れない写真??

F>髪を結ってるシーンとか、着付けのシーンとかいろいろあるじゃん。その中から子どものステキな表情を見つけて撮ってあげればいいんだよ。スタジオは写真を撮るには最高の環境だろうけど、逆に子どもは緊張しちゃって硬い表情になりやすいんだ

Y>ほほう。自然な七五三を撮るわけか

F>そう、お参りに行く前の支度をストーリー仕立てで撮ってみるとかね。名づけてメイキングオブ七五三!

Y>メイキングオブ七五三。それはいい。さっそく撮影にいい場所探しをしなくっちゃね

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第58話へつづく・・・

 

上記写真の撮影場所:
冨田屋(西陣くらしの美術館)
京都市上京区大宮通一条上がる
電話075-432-6701
年中無休

冨田屋さんではステキな町屋で着付けをしてもらえるので、京都の七五三撮影には最高です。今回、撮影させていただいたIさんご家族、楽しい一日をありがとうございました。

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》