《フクロウ便り》第39回日本リアリズム写真集団公募展「視点」入選

第39回日本リアリズム写真集団「視点」入選

「860グラムのありがとう」

 

毎年、祇園祭が終わるころ、京都市美術館にやってくる「視点」という公募展。いつも楽しみにしていました。

主催「日本リアリズム写真集団」という名称からもご想像がつくと思いますが、硬派でドキュメンタリー色が強い写真が主流です。

明るい雰囲気の子ども写真がメインの私にとっては、同じ「写真」というジャンルの作品でも、ここまで違うんもんなんだなあと、どこか遠い世界の出来事のように感じていましたが、今回新しい挑戦だと思って5枚の組写真でチャレンジしてみました。

巡回展の選抜に選ばれなかったのが少し残念ですが、この写真が社会派の秀作と並んで東京都美術館に展示いただけるのは、とても光栄なことだと感謝しております。

新しい試みはとても勇気がいりますが、その分嬉しさも倍増です。

ありがとうございました。

東京都美術館「視点」展 2014.6.1(日)〜6.9(月)

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》