子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第23話~背景はシンプルに!~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第22話からのつづき

 

Y>もっとスッキリした写真が撮れないもんかねぇ

F>ヤマトのいうスッキリした写真って?

Y>そうだなあ、子どもが引き立つような写真かな

F>子どもが引き立つ写真?だったら難しく考える必要なんてないよ。バックをとことんシンプルにしてやればいい

Y>シンプルだって?

F>スタジオでモデルさんを撮るときには、バックシートといって背景に無地の紙を吊るすんだ。バックに余計なものが写らないようにして、モデルさんを引き立たせるためにね。だから、それと同じことをヤマトもやればいい

Y>冗談じゃない。あんな大きな機材、家に置けるわけないだろ

F>何もあんな大きな機材を買えっていってるんじゃないんだ。室内でも屋外でもゴチャゴチャしてないところを背景に選んで撮ればいいってことだよ

Y>そんなとこってあるのかなぁ

F>いっぱいあるよ。例えば家の壁とか、外に行けば緑の葉っぱとか、イルミネーションとかいっぱいあるよ。青空バックだっていいんだよ

F>なるほど。そう考えると確かにたくさんある

Y>だろ。上の写真みたいな人がウジャウジャいるお祭りの日だって、工夫すればシンプルな背景で撮れるんだよ

F>ふだん、散歩するときもボーっと歩いてないで、ここで撮ったらシンプルなバックで撮れるなぁとか考えてないとだめだよ

Y>ボーっとなんかしてない!

F>だったらいいんだけど

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第24話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》