【関西の子ども撮影地案内1】曽爾高原(奈良県曽爾村)

関西ですすきの名所といえば曽爾高原。

ただ、ものすごく遠いです。京都市内からだと車で約3時間かかるうえに、シーズン中は駐車場が結構混んでます。高原の駐車場は600円、高原から徒歩30分ほど下った曽爾ファームガーデンは駐車料無料。(2013年現在)

近鉄特急を使うと、京都から名張でバスに乗り換えて約2時間で着きますが、バスは1日2本(2103年現在)で、帰りの最終バスが15時台。これだと曽爾高原が夕日で輝く美しい時間に滞在できません。

そこで今回は、行きが近鉄特急とバス、帰りは名張までタクシー、名張から近鉄特急というルートで行きました。(ちなみに曽爾高原から名張駅まではタクシーで約40分、6000円強です)

曽爾高原の中の広場には、無料のテーブルがいくつかあり、見晴らし良いのところでお弁当が食べられます。

高原内には、お茶屋さんが1件ありますがトイレはありません。トイレは駐車場まで戻らない(高原広場から徒歩約10分)とありませんのでご注意ください。私の場合は、夕日が沈みかけた瞬間に、娘に「トイレ!」と言われ、広場に戻ってきたらもう夕日が沈んでました。

曽爾高原は、夕日が沈んじゃうとみんな一斉に帰っていきます。でも、曽爾高原が一番美しいのは、日が沈んだあと真っ暗になるまでの時間帯ですね。私はそう思っています。

今度来た時は、ファームガーデン奥の「お亀の湯」に入りたいな。

 曽爾高原のサイトはこちら

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》