子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第21話~頼れるものには寄りかかれ~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第20話からのつづき

 

Y>せっかく子どもにじっとしてもらってたのに、また手ブレだよ、クソっ!

F>ヤマト!手ブレの原因って何だか知ってる?

Y>シャッタースピードが遅くなるのが原因だろ、前に教えてもらった(世界一かんたんなデジカメのしくみ7〜暗くなるとグズグズ〜ご参照)

F>そう、標準的なレンズをつけた場合、1/60秒くらいのシャッタースピードがブラさずに撮れる限界なんだよ。暗いところだともっともっとシャッタースピードが遅くなるから気をつけなくっちゃ

Y>でも、この写真1/60秒で撮ったんだよ、なのにこんなにブレブレ

F>実は望遠レンズをつけると1/60秒以上でもブレちゃうことがあるんだよ。だから暗い場所で望遠レンズは使いづらいんだ

Y>そうだったのか。そういえばこれ望遠レンズで撮ったんだ

F>レンズにはそれぞれ焦点距離っていうのがあるんだけど、焦点距離分の1が手ブレしない限界速度だと覚えておくといいよ

Y>焦点距離なんて、いきなり言われてもなんのことかわかんないよ

F>それは知らなくても大丈夫。レンズにはちゃんと何ミリって表示が大きく書いてあるから。それが焦点距離

10501010014

Y>たとえばヤマトが使ったこのレンズだと135mmだから、1/135秒以下だとブレる可能性があるってことだよ。もちろん、最近は手ブレ補正機能がついたカメラやレンズが増えてきたから、うまくいけばそれより多少遅いシャッタースピードでもブラさずに撮れることはあるけどね

Y>でも、いくら手ブレ補正が優秀だからって限界はあるよね

F>もちろん

Y>そんな時、お前はいつもどうしてんの?

F>三脚を立てて撮ってるよ

Y>でも、あれって重いし邪魔になるから嫌いなんだよね

F>どうしても三脚を持ちたくないんだね

Y>できれば・・・

F>だったら、頼れるものに寄りかかって撮るといいよ。壁や木にもたれかかったり、机の上に肘をついたり、とにかく支えがあればなんでも利用しちゃおう。かなり手ブレは抑えられるよ。この際、行儀の悪さなんて気にしなくていいからさ

img607w img590w

イラスト提供:にらづかかずこさん

F>壁に寄りかかって撮ったらこんな風にブレない

Y>でも寄りかかれるものが何もなかったらどうすんの?

F>液晶を見ながら撮るコンパクトデジカメやミラーレス一眼だったら、ストラップを首にかけてピーンと張った状態で撮るといいよ。ずいぶん安定するから一度ヤマトもやってみな

img604wY>うわー、俺のストラップ短すぎて首にかけられないよ~。すぐに買いにいかなくっちゃ

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第22話へつづく・・・

 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》