子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第64話~ワイルドで行こう!~

F>フクロウ むらさきのフクロウ   Y>ヤマトサカシタヤマト

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第63話からのつづき

 

F>最近は天気もいいし気候もいいし、イイ写真がたくさん撮れてるんじゃない?

Y>4月は雨が多かったけど、5月に入ったとたんに写真日和になったよね

F>梅雨に入る前に外でジャンジャン写真を撮らなくちゃ

Y>で、今日はどんなことを教えてくれるんだい?

F>オイオイ、人をあてにしないで、ときには自分で撮り方考えてみたらどうなんだい?

Y>人だって?お前は人じゃないよ

F>・・・

Y>まっそんなことはどうでもいいからさっさと教えてよ

F>だ・か・ら、誰かに聞いてばかりじゃなくて、いろいろと自分で試してみるのが写真上達の秘訣なんだってば

Y>たとえば?

F>そうだなあ、たとえば、以前ISO感度を上げると画質が荒れちゃうって話をしたよね?

Y>ウン、ウン。ISO感度を上げると暗いところでも写真が撮れるけど、逆にノイズが出ちゃうんでしょ

F>そう。だから、子ども写真ではISO感度を不必要に上げるのはタブー。可愛い雰囲気がなくなっちゃうからね。でもそこを敢えて挑戦してみるんだ

Y>ゲッ、マジで・・・

F>そうだ!こういうちょっとジャンクな場所があったとしよう。普通に撮るとこうだ!

F>ところがISO感度を目いっぱい上げて、さらにコントラストも思いっきり上げてみよう。
するとこんな風にワイルドになる。ジャーン!

 

Y>あれれ、インディージョーンズみたいになったぞ

F>そう、敢えてタブーと言われる撮り方に挑戦するのも、自分のオリジナリティーを築いていく上では重要かもしれないよ

Y>よし、これからはワイルドでいくぞ!

F>それは、ボクが今言ったことでしょ。それをオリジナリティーがないって言うんだよ

Y>ハイハイ。わかりました。わかりました。自分で考えりゃーいいんでしょ、フクロウ先生!

子ども写真をステキに撮る魔法のレシピ第65話へつづく・・・