【関西の子ども撮影地案内19】与謝野町ひまわりフェスティバル(京都府与謝野町)

ありそうなのに近くにない。
ひまわり畑に行くのに、高速道路を使って片道2時間半の道のり。信じられますか?
京都市近郊にもあるにはあるのですが、田園風景の中で撮りたいので毎年遠出しています。

ひまわりの撮影は暑さとの勝負。
熱中症で倒れる前に、小一時間でさっと切り上げて帰るのが原則です。
それでも、大粒の汗がポタポタと滴り落ちてきます。
そんな覚悟で望んだ今年の撮影ですが、この日は終日小雨模様。
アジサイを撮っているような感覚で、楽〜にひまわりを撮ることができました。

でも、写真で見ると、やっぱりひまわりは曇天より青空がお似合いだなぁ〜

与謝野町のひまわりは、比較的空いているうえ、段々畑のようになっていて、とても撮りやすいロケーションでした。巨大ひまわりの摘み取りも3本たったの100円。
ただし、ものすご〜く遠いです。
帰りは渋滞で京都市内まで3時間半かかりましたが、それでも来年は、快晴のときにチャレンジしたいほどステキな場所でした。

ひまわり15万本の与謝野町ひまわりフェスティバル会場へは
京都縦貫自動車道、与謝天橋立ICから車で約15分
 

  • この記事がご参考になりましたら、下の3つのバナーをクリックして応援してください
  • あまり参考にならないようでしたらゴメンナサイ。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    《タイトルをクリックすると、下にコメント欄が表示されます。コメントお待ちしています。》